YOSHIKIが24日、『Disneyマイ・ミュージック・ストーリー - YOSHIKI』配信開始記念オンライン記者会見に出席した。

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+」で、オリジナル音楽ドキュメンタリー番組『Disneyマイ・ミュージック・ストーリー - YOSHIKI』が9月25日に配信スタートされる。

 著名アーティストが登場し、自分自身と曲にまつわるストーリーや、ディズニーとの出会いをインタビューと密着映像で振り返るディズニープラスオリジナルの音楽ドキュメンタリー番組。アーティストが選んだディズニーソングを、オリジナルアレンジで奏でる特別パフォーマンスも披露される。

 YOSHIKIは、デビューから現在に至る音楽人生を振り返るとともに、今までになかったディズニー音楽との関わりを語る。

 ディズニーとのタッグは初となる。「僕とディズニーは昔では結びつかない。デビュー当時の僕のイメージは過激というのがあって対極にあった。まさかご一緒させて頂くとはびっくりしました」と驚くも「光栄です」と笑んだ。

 番組では、「Endless Rain」「Without You」に加えて、YOSHIKIが選んだディズニー楽曲から「愛を感じて」(映画『ライオン・キング』より)、そして「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」(映画『アナと雪の女王』より)を独自のアレンジで披露する。

 アレンジではもともとオーケストラを思い描いていたが、弦楽四重奏とピアノに落とし込んだ。「僕の得意分野のクラシカルなピアノとストリングスのアプローチで、皆さんが知っている曲なので複雑よりも分かりやすくアレンジしました」。YOSHIKIアレンジの特徴でもある「カウンター・メロディ」も入れてあるという。改めて「ディズニーの曲をアレンジして弾くのが新鮮でした。それが凄く楽しかった」と振り返った。

 番組では、YOSHIKI所有のスタジオやプライベートジェットのなか、更には車を運転している姿も映像化。「僕の音楽のルーツ的なところも映像にしてもらいました。ぜひ見て下さい」とアピールした。なお、この番組の収録は2019年に行われた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)