戸田彬弘監督と萩原みのり

 女優の萩原みのり、戸田彬弘監督が23日、都内で行われた映画『13月の女の子』アンコール上映決定記念舞台挨拶に登壇した。

 2017年に初演された同名舞台の映画化。当時の制作チームが改稿。亡くなった友達を求めて“世界線”を超える、女子達の純粋な友情を描いた。今夏に公開され、反響を受けてアンコール上映が決定した。

 物語は、親友の唐木田巫女(演・秋本帆華)を亡くした女子高生の穴森一穂(演・小宮有紗)に起こるSFファンタジーで、萩原は巫女の死と同時に一穂の前に現れた謎の転校生・浮間莉音を演じた。

 莉音役だが、“別世界”の巫女や一穂を演じ分ける難役。配役を知った当時の心境は「ラッキーだなと思いました」と笑顔を浮かべて、「1つの作品でふり幅を出せる、役者としてはラッキーなことだなと思いました」と明かした。

 ただ、パラレルワールド要素もあり、役柄だけでなく世界も行き来する。初めて台本を読んだ時は内容が理解できなかったといい、その対策に初めてノートにまとめ撮影の合間に読み返して整理していたという。最後の撮影では監督に急遽、役柄のセリフを入れ替えられ「そんなにすぐに理解できないよ。一番パニックでした」と振り返った。

萩原みのり。トーク中はフェイスガードで予防

 そんな戸田監督からは「莉音はある意味、器のような存在」とし、役を作る上で土台となったのは何かと聞かれ「本読みの時に監督に聞いたら莉音はいない(ものとしてみるように)と言われ、1回忘れようと。莉音という人物を消していました」と明かした。

 また、巫女と一穂を演じるにあたり、本読みの時に両サイドにいた巫女役の秋本帆華と一穂役の小宮有紗の特徴を吸収しようと必死にメモにしたためたそうだ。その上で、その人の特徴をただまねるのではなく感情を大事にし「その時の巫女の感情、一穂の感情が合っていれば大丈夫という心だけを信じて演じました」

 その巫女を演じる上で意識したのは「帆華ちゃんの神々しさ。初めて会った時に天使が現れたと思って。あの天使さをどうやって出せるかが課題だった」。一方の一穂を演じる上では「有紗ちゃんの目の力、ブレていない肝が据わっているところを出せたらと思った」と明かした。

 この日は撮影現場などの様子も語られ、最後にアンコール上演が行われることに感謝の言葉などを伝えていた。

 なお、池袋シネマ・ロサでは19日から10月2日まで。ほか、栃木県小山シネマロブレでは10月1日まで。愛知県シネマスコーレは10月2日まで。大阪府シネ・ヌーヴォは10月3日から16日まで。京都府出町座は10月2日から8日まで。福岡県KBCシネマは10月10日・14日・15日・16日に上映される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)