池田エライザ

 女優・池田エライザ(24)が21日、TBS系音楽番組『CDTVライブ!ライブ! 秋のラブソング4時間スペシャル』に出演。森田童子さんの「ぼくたちの失敗」(1976年11月発売)をカバー。優しさ溢れる歌声がネット上で話題を集めた。

 歌唱力に定評のある池田エライザ。この日カバーしたのは、1993年に放送され社会現象にもなった大ヒットドラマ『高校教師』の主題歌で、森田童子さんが歌った「ぼくたちの失敗」。

 歌唱前には、この曲にかける思いを「名曲があるなかで、今のご時世、心が弱っている人が多いと思うんですよね。私もそういう時期がありました。でもそれを否定するわけではなく、その時の匂いや光景を音楽として落とし込んでいるのが、この曲の素敵なところ。ネガティブなようでポジティブな前向きな気持ちにしてくれる歌詞」と語った。

 その曲を歌うにあたっては「原曲の空気感だとネガティブな気持ちが思い起こされる。懐かしいねと笑えるぐらいの空気感で歌えたら心地よいんじゃないか」と、アレンジはフランス映画のような空気感との構想を明かした。

 実際の歌唱では、夕日色のライトが照らすなか、アコーディオンの音色が曲を誘う。イントロから陽だまりのような温かさ。池田の表情もどこか優しい。空気を多めに含んだ歌声で寄り添うように歌い、高音にかけてはピュアでぬくもりのある歌声。優しさ溢れる歌声でその世界観を広げ、最後は笑顔で締めた。

 池田のカバーはネット上で話題に。「エライザさんの歌声はかなり心に染みる」「聞き惚れてしまう」「素晴らしい」「原曲よりマイルド」「いいね。ス~と歌の世界観に入っていけたような気がしました」「パリのシャンゼリゼ通り風の曲調のアレンジ、素敵です」などの声がネット上に投稿され、反響を呼んだ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)