BTSが19日、アメリカ大型音楽フェス『iHeartRadio Music Festival 2020』に出演し、「Dynamite」を含む全4曲を熱唱した。

 今年10周年を迎えた『iHeartRadio Music Festival 2020』は19日午前10時(日本時間)からオンライン生中継で行われた。20日まで2日間それぞれ違うジャンルのアーティストたちがパフォーマンスを繰り広げる。BTSをはじめColdplay、Keith Urban、Usher、Alicia Keys、Bon Jovi、Miley Cyrusなどグローバルミュージションが参加する。アジアアーティストではBTSが唯一ラインナップに入った。

『iHeartRadio Music Festival’はアメリカオンラインラジオ局iHeartRadioが2011年から毎年9月開催する音楽フェスで、毎年ジャンルを代表するアーティストを招待する。

 初日のステージを披露したBTSは『iHeartRadio Music Festival 2020』の初日のエンディングを飾った。先月21日発売後アメリカビルボードシングルチャート‘HOT100’2週連続1位を達成した「Dynamite」をはじめ『YOU NEVER WALK ALONE』のリード曲「Spring Day」、『MAP OF THE SOUL : PERSONA』の収録曲「Make It Right」、リード曲「Boy With Luv (Feat. Halsey)」を熱唱した。

BTS(Photo by Big Hit Entertainment)

 特に「Dynamite」はストリートをそのまま移してきたようなステージセットを背景に、1篇のミュージカルを見るような生き生きした感じあふれる演出が際立った。曲の後半、背景が昼から夜に変わり、空では花火が打ちあがり、もっと豊かな見どころを見せた。BTSはそれぞれ個性と魅力を生かしたステージ衣装で登場し、力動的で愉快なパフォーマンスを見せた。その後も違う曲でも雰囲気に合わせてセットと衣装を変えて違う魅力を加えた。

 ビルボード‘HOT100’2週連続1位をキープした後、3週目にも2位になった「Dynamite」はアメリカはもちろん、全世界で爆発的人気を得ている。世界最大音楽ストリーミングサイトSpotifyでも発売当日‘Global Top 50’1位で初登場、最新チャート(9月17日付)でも4位に入り、28日間最上位をキープしている。

 BTSは「Dynamite」へ送ってくれた全世界ファンの熱い声援にこたえるため、17日「Dynamite」の追加リミックスバージョン音源を発売した。Slow Jam、Midnight、Retro、Bedroomなど全4バージョンで、深い夜、落ち着いてリラックスして楽しめる‘NightTime’な雰囲気でファンのいい反応を得ている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)