高野心(演・鈴木伸之)と世中渡(演・佐野勇斗)(C)「俺たちはあぶなくない」製作委員会・MBS

 鈴木伸之と佐野勇斗がダブル主演を務めるMBSドラマ特区『俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち』が9月17日にスタート。これまで刑事のバディものは数多く存在したが、このドラマは「いままでの刑事ものとは全然違う!」と放送後、ネット上では大きな反響が巻き起こった。

やる気なし×やる気なしの刑事コンビにネット上「斬新!」

 悪人を徹底的に追い詰める熱血ものや、スタイリッシュに事件を解決するおしゃれなものなど、これまで刑事ドラマは数多く作られてきた。しかし本作の主人公2人は、これまでの刑事もののキャラクターとは、どこか違う。鈴木演じる高野は、見た目はシャープで、トークも理知的。一見優秀な刑事に見えるが、昇進試験と署内営業に忙しく捜査はしない「出世刑事」。一方佐野扮する世中は、イケメンで人当たりの良い、愛されキャラだが、パワハラ&体育会系のノリが大嫌いで、転職活動にいそしむ超今どき刑事なのだ。

 そんな2人は第1話から、強烈な個性を発揮する。舞台は東京麻布にある「麻布中央警察署」。東京の真ん中の警察署には重大事件が続発。この日も「強盗致傷事件」の捜査本部が設置され、高野も世中も真剣な眼差しで捜査状況を聞いている......と思われたが、集中しているのは全く事件とは別のこと。高野は、署長が大好きだという映画『ポリスストーリー』をガン見し、点数稼ぎ。世中はよい転職先を探すためにネットに夢中。すでにこのファーストシーンで、2人がどんな刑事であるか一目瞭然。ネット上でも「世中のいちいちのリアクションが可愛すぎて放心している!」「すでに顔の筋肉失った。永遠にへらへらしちゃうかも」「勇斗くんかわいいよーー」「高野心キター格好いい!」など盛り上がる。

容疑者と遭遇も「めんどくせー」とマイペースな2人

 その後も、この2人の「危ないことはしない」という刑事としてあるまじきポリシーの貫き方が潔いほど描写される。捜査のために颯爽と署を後にした高野と世中だが、向かったのは「サボるため」の喫茶ラウンジ・ルパン。

 他の刑事が懸命に捜査するなか、真剣な表情で仕事の話をしているふりをしながら、イケメン2人のパフェをほおばる姿に、ネット上は「足の長い2人が小さくなってパフェ食べる姿が可愛い」というコメントも。しかし、せっかくまったりしようとしているところに、強盗致傷事件のカギを握る人物がやってくるというスリリングな展開に。当然、犯人逮捕のために策をめぐらせると思われたが、高野と世中は並大抵の「サボり刑事」ではなかった。「めんどくさい」「早く現場離れてー」「あー早く転職してー」とLINEでやり取りするなど、どこまでもやる気なし。王道の刑事ものの主人公とは逆の言動に「やばい、この2人すでに癖になってきた」「刑事ドラマとして見ちゃダメだなwww」「転職する前に捕まえないと」と2人の緩さに視聴者も突っ込みをいれる展開。

容疑者情報も「聞かなかったことにしよう」と衝撃発言!

 うだうだと話をするなか、高野と世中は「見なかったことにしよう」「聞かなかったことにしよう」という恐るべき結論を出し、同僚の刑事に連絡。さらに世中が「早くサウナ行きたいっすね」と宣うと、ここでも「もうやばすぎるwww」「見なかったことにしよう......言っちゃったww」とSNS上は大反響。すでに高野&世中のバディは視聴者の心をつかんだ模様だ。最終的には容疑者は逮捕され、一件落着となったが、犯人に対して正義を説くのかと思いきや「僕らはあんたのような犯罪者に無駄な労力をかけたくない」「俺たちは捜査が嫌いなんだよね」と、犯人も口をあんぐりと開けてしまう言葉を放つ。見事に事件を解決したものの「手柄を立てると転職しづらくなる」と顔を曇らせる世中と、捕まえた犯人は、署長が目星をつけていた容疑者じゃなかったので、逮捕してしまうと心証が悪くなると躊躇する高野。どこまでもクールにサボる刑事のスタイルを貫いた2人に、SNS上では「ポリスコメディってこういうことなのね」と納得する意見と共に「高野を尊敬する世中が可愛すぎる!」「伸くんと佐野くんのイケメンコンビ相性がいい!」「俺あぶ面白いww今までにない刑事ドラマ」「30分じゃなく1時間にしてほしい」と今後の2人に期待するコメントが相次いだ。第2話は、江良署長の面目をつぶしてしまったと思っていた高野が、署長の誕生日会の幹事を務めることで挽回しようするというストーリー。果たして高野と世中は、無事成功することができるのか......。【文・磯部正和】

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)