21歳のPOP シンガー・ソングライターのセイレム・イリースが歌う、今夏リリースされた「Mad at Disney」がSpotify日本バイラルトップ50で1位獲得した。

 「I'm mad at Disney, Disney・・・」というキャッチーなフレーズと、「星に願いをかけたのに、真実の愛のキスなんて嘘」という「Mad at Disney」の歌詞の内容に合わせたミームが、日本を含む世界中のTikTokユーザーの間で爆発的に拡散され、8月末からストリーミングが急上昇し、9月に入るとSpotifyグローバルバイラルトップ50で1位を獲得し、今週日本においても1位を獲得した。

セイレム・イリース「Mad at Disney」Spotify日本バイラルトップ50で1位獲得

「Mad at Disney」ジャケ写

 「Mad at Disney」を歌うのは、カリフォルニアで生まれた現在21歳のPOP シンガー・ソングライターのsalem ilese(セイレム・イリース)。salemは、言葉が話せるようになるや否や、ぬいぐるみや幼稚園で好きな男の子のことについて歌っていたという。

 12歳の頃、シェールの楽曲も手掛けたBonnie Hayesに作詞作曲を教わり、ボストンへ引っ越してはバークリー音楽学校を通って音楽を学ぶが、途中で退学。その後ロサンゼルスを活動拠点とし、週末も惜しまず働く中、2019年に一緒にソング・ライティングをしていたJason Hahsが呟いた「I’m really mad at Disney」というフレーズからインスピレーションを受け、幼い頃からディズニーの大ファンの一人でもありながら、敢えて「白馬に乗った王子様が自分を助け出してくれることを夢見ていたのに、実際には好きな男の子にデートをすっぽかされてしまう、理想と現実の差」を「Mad at Disney」という楽曲で表現したという。

 そして、今夏にリリースされた「Mad at Disney」が、「Sunday Best」を筆頭にブレイクしたSurfacesも所属するレーベルHomemade ProjectsのZach FriedmanとTony Talamoの目に留まり、salemの21歳の誕生日でもある8月19日に契約。

 更には、その日salemがTikTokに投稿した動画がバズり始め、動画を投稿すればするほど視聴数が数百から数千まで昇っては、瞬く間に世界中の若者の共感を得るヒット曲と化し、TikTok上でのコンテンツが全世界において合計1,400,000投稿されるまでにもなった。(2020年9月18日現在)

この記事の写真
セイレム・イリース「Mad at Disney」Spotify日本バイラルトップ50で1位獲得
セイレム・イリース「Mad at Disney」Spotify日本バイラルトップ50で1位獲得

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)