『MIU404』に出演した綾野剛と星野源

 綾野剛と星野源がW主演を務めたドラマ『MIU404』(TBS系)が9月4日に最終回を迎えた。放送終了から10日以上が経つもののその興奮は冷めやらない。

 同作は、脚本を野木亜紀子氏、演出を塚原あゆ子氏ら、そしてプロデュースを新井順子氏が担当。2018年に放送されたドラマ『アンナチュラル』以来のタッグだ。『アンナチュラル』は、ギャラクシー賞や、コンフィデンスアワード・ドラマ賞などを受賞。『MIU404』も、Twitterで世界トレンド1位に入るなど、大きな話題となった。

 両ドラマの主題歌を務めたのが、米津玄師だ。『アンナチュラル』の主題歌「Lemon」は、ミュージックビデオ(MV)の再生回数6億回を突破。2018年の年間チャートで30冠を記録した。そして、『MIU404』の主題歌「感電」は、本年度のオリコン初週ダウンロード数最高記録を樹立している。ここで、野木脚本が伝えるメッセージと、米津玄師の作る主題歌の親和性について考えていきたい。

野木亜紀子脚本が伝えるメッセージ

 『アンナチュラル』は、石原さとみ演じる法医解剖医の三澄ミコトが、不自然死究明研究所(UDIラボ)にて不自然な死の裏側にある真実を究明していくストーリー。『MIU404』は、初動捜査のプロフェッショナルという設定の「第4機動捜査隊」に所属する理性的な刑事・志摩(星野源)と、野性的な刑事・伊吹(綾野剛)がバディを組み、犯人逮捕に奮闘する姿を描いた物語だ。

 『アンナチュラル』全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」。「死」をテーマにしながら、その対極にある「生」と向き合うきっかけを作った作品だったのに対し、今作の『MIU404』は、「生」と真正面から向き合っていた。志摩の「止めたいよな。最悪の事態になる前に」や、伊吹の「機捜っていいよな。最悪の事態になる前に止められる」という台詞が作品のテーマを体現しているとも言えるだろう。

 「死者」の“これまで”を追う仕事を扱った『アンナチュラル』と、「生きている者」の“これから”を考える『MIU404』。真逆のテーマを扱っているようで、一貫しているメッセージがあるように感じる。それは、「生」に対する強いメッセージだ。
 『アンナチュラル』で、「死」と向き合うことで、「生」とは「死」の延長線上にあると知る。『MIU404』では、伊吹の「生きてりゃ何度でも勝つチャンスがある」という台詞や、最終回で志摩(星野源)が、黒幕・久住(菅田将暉)を捕まえて、「(死ぬなんて)そんな楽させてたまるか。生きて、俺たちとここで苦しめ」と言うシーンから、「生」を大切にすることを教えられた。

 このように、野木脚本は、私たちに「生」について考えるきっかけをくれる。そして、社会問題を作中に入れ込みながらも、軽快さを欠かさないストーリー構成が絶妙だ。両作のほかにも、『獣になれない私たち』(日本テレビ系)や、『フェイクニュース』(NHK)など、観終わったあとに、アクションを起こしたくなるきっかけを与える作品が多いように感じる。

米津玄師の主題歌との親和性

 次に、野木脚本と米津玄師が歌う主題歌の親和性について考えていきたい。

 まず、『アンナチュラル』の主題歌「Lemon」は、遺された者の悲しみを優しく包み込むレクイエムだ。ドラマ内では、登場人物の悲しみに共感するように、<夢ならばどれほどよかったでしょう>と優しい歌声が流れる。そしてその後も、<戻らない幸せがあることを/最後にあなたが教えてくれた>や、<あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ/そのすべてを愛してたあなたとともに>など去ってしまった人を懐古する歌詞が続く。

 しかし、最後には<今でもあなたはわたしの光>と歌う。闇の部分を歌った後に登場する一筋の光は、悲しみの先にある「未来」を考える『アンナチュラル』にぴったりだ。

 そして、『MIU404』の主題歌「感電」は、中毒性のあるポップなファンクナンバー。どの回も作品の流れにマッチしていたが、特に最終回の曲がかかる瞬間が絶妙だった。

 伊吹が、「なぁ志摩ちゃん。刑事辞めたりしないよな?」と語りかけ、「感電」の<お前はどうしたい?返事はいらない>が流れる。その問いかけに答えない志摩と、この歌詞が見事にリンク。まさに、主題歌とドラマが一体となって作品を完成させていることを実感させた。

 また、2番のBメロ<よう相棒 もう一丁 漫画みたいな喧嘩しようよ/洒落になんないくらいのやつを お試しで>は、揉めながらも絆を深め、お互いに「相棒」と呼び合うようになった志摩と伊吹の関係性にマッチしている。

 「Lemon」を聴くと、『アンナチュラル』を観て考えたさまざまなことを思い出す。“MIUロス”に陥る中でも、「感電」の出だしのホーンセクションを聴くと、一瞬にしてドラマの世界観が蘇る。どの主題歌も作品にマッチしていることが多いが、野木脚本×米津主題歌では、それが顕著だと感じる。主題歌が流れる絶妙なタイミング、ドラマの世界観にマッチした歌詞。そして、アーティストのドラマへのリスペクト。米津の描く世界観が素晴らしいのはもちろんだが、それらが融合しているからこそ、より深く愛される主題歌になったのかもしれない。【かなぴす】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)