INTERVIEW

磯佳奈江、初写真集に詰めた大切なもの 市川美織・上西恵・川上礼奈・内木志への想い


磯佳奈江

記者:木村武雄

掲載:20年09月16日

読了時間:約8分

 元NMB48磯佳奈江にとって初となる写真集『磯 佳奈江1st写真集 いそちゃん』(発行・KADOKAWA)が発売される。夢だった写真集では「最高の自分を見せたい」とアスリート並みにトレーニングを積み、身体を仕上げた。また、NMB48在籍当時から親交のある市川美織、上西恵、川上礼奈、内木志が参加。ソロ写真集では珍しく、それぞれの2ショットカットもふんだんに収録された。大切に思う4人との2ショットではソロとは異なる表情を見せる磯。どのような思いで撮影に臨んだのか。今回のインタビューでは体づくり、2ショット撮影を振り返ってもらった。【取材・撮影=木村武雄】

磯佳奈江

磯佳奈江

理想の自分を引き出すためアスリートの生活

――かなり体を鍛えられましたね。

 頑張りました! もともと運動するのが好きですし、サッカーもやっていたので、週に1、2回はトレーニングジムに行っていたんですけど、この写真集が出るという事で、毎日本格的にやりました! ジムに行って仕事に行ってという生活を1カ月以上していて、パーソナルトレーニングもやって、初めてプロティンも買って飲みました! トレーナーの先生が、腹筋を起こすポンプアップをした方がいいよ、というので撮影当日、家でやってから現場に行ったんですよ! もうアスリートのようにやっていました(笑)。

――食事制限もされたんですよね。

 1カ月間は、朝は汁物、昼は魚と卵、納豆、夜はプロティンにしました。メニューは先生に作ってもらいました。チョコレートが好きだから…と相談したら、チョコレートは脳が求めているものだから我慢すればいいと言われて、我慢しました! でも内緒で小さいチョコを買って食べて…(笑)。

――つまみ食いはあったけど、我慢できたのはなぜ? 写真集に懸ける思いが強かった?

 今まで下着とかをやったことがなくて、今回写真集を出すという事で最高な自分を見せたいと思ったんです! 身体を絞ったら満足がいくと自分でも思っていたので、ムチを打ってやろうと強く決意して。

磯佳奈江

――体重はNMB48加入前と同じ38キロまで落としたんですよね。

 そうです! でも落とすのは大変でした。もともと41キロで3キロ落とすのは苦労しました。だからと言ってやせ細った感じはイヤだったので、少し綺麗に見せるために事前にスタイリストさんに盛り方を聞きました(笑)。そうしたら脂肪は胸から落ちるからと。いかに落とさないように絞るかも大変で、結果少し落ちてしまったんですけどね。太ももは1カ月のトレーニングでも落ちなかったのに!(笑) それと、トレーニングできつかったのはお尻! お尻の下にダンベルを置いてそれをお尻の筋肉だけで持ち上げるのは本当につらくて…。

――腹筋も鍛えすぎも良くないといいますね。程よく割れているのが理想と。実際に理想の形になりましたね。

 腹筋もサッカーをやっていたからつきやすかったみたいで、でもいい感じになりました!

――磯さんはファンに愛されているなと思いますし、ファンは磯さんのことを色々知っているという印象があります。そんなファンの方も知らないものは今回ありますか?

 やっぱり下着だと思います。これまで下着で撮影したことはなかったから、きっとびっくりしていると思う。そもそもイメージがスポーツ女子ですし。ジムで撮っている写真もありますが、これはいつもの磯ちゃんだなと感じると思うけど、1ページ目から下着なのでドキッとすると思う。男性だけじゃなくて、女の子にも見てもらいたいというのがあったので、そういう姿で撮影に臨みました。表紙も裏も私がやりたかったことをやらせてもらいました。

――最初にある下着姿のカットはなかなか攻めていますね。プリンも自分が持ちたいと希望して。

 女の子らしい感じはやったことがなかったので希望したんですけど、ファンの皆さんも1ページ目から驚くんじゃないかな(笑)。食べ物を食べて撮りたいって編集担当の方に言いました。髪型も(村瀬)紗英様の『Sがいい』を見て研究して。

(C)KADOKAWA PHOTO/MAKINO SHOTA

――黒のキャミソールにアニマル柄のロングスカートは私服?

 そうなんです! 自分で選びました。アニマル柄はNMB48を少し意識しました。そうした細かいところにも気づいてもらえたら嬉しいです! 

(C)KADOKAWA PHOTO/MAKINO SHOTA

大事な4人、大切なものを全て詰め込んだ

――そうしたこだわりが見えるところも魅力だと思いますが、4人とコラボも豪華ですね。

 本当に私は恵まれていると思いました。4人との撮影で共通して言えるのが、NMB48時代に一瞬で戻ったなって。あの時楽しかったねとか、メイクさんもNMB48時代の方だったのでふざけたり(笑)。みおりん(市川美織)は、同い年でプライベートでもご飯に行く仲なので、先輩なんですけど友達みたいな感じで撮影ができたので楽しかったです。

――やっぱり市川さんらしく壁が黄色で。髪型もどこか似ているような。

 カメラマンのマッキーさんとどこで撮ったらいいかなって話して、私が黄色でお願いしますと伝えました。髪型はみおりんが自分でやっていて、衣装は話し合いました。みおりんにはふわふわのイメージもあったので、こういうのかなってワンピースを着たり。

市川美織とのカット(C)KADOKAWA PHOTO/MAKINO SHOTA

――こう見たら2ショットのカット数が多いんですね。

 そうなんです! 私1人で作るんではなくて、みんなと作り上げたかったので、出てもらって嬉しかったです。

――しかも、それぞれで磯さんの表情が異なるといいますか、1人で撮っている時とは違いますね。新たな一面が引き出されて。

 有難うございます! 嬉しいです! けいっちさん(上西恵)は黒かなと思ってそうした衣装を合わせました。仲良くさせてもらっているんですけど、けいっちさんは写真集も出されているから撮り慣れていて、一緒に撮影するのも初めて。大人な女性って感じで緊張しました。でも違う自分が引き出されたと思います。撮影前にはアドバイスもいただいて、頑張ってねって。

上西恵とのカット(C)KADOKAWA PHOTO/MAKINO SHOTA

 れなぴょんさん(川上礼奈)は攻めました! ノリノリでやってくれて、少し押され気味になったかも(笑)。でも私も攻めましたし、かなり際どいです! ここちゃん(内木志)は同期なので、ちょっと同期っぽい感じで。青は、チームBIIをイメージして。

川上礼奈とのカット(C)KADOKAWA PHOTO/MAKINO SHOTA

――あれ、内木さんの目がウルッとしていますね。

 あれ? そうですか? あ! そう言われたらそうかもしれないかも。そうだったら嬉しいな。

――内木さんとは同期で卒業時期も近くて、写真集を同じタイミングで出されて「運命的」と言っていました。

 ここちゃんだけ、いそっぺって言うんですよ(笑)。LINEでも連絡取り合っていて、入ったのも卒業も写真集も一緒だし、運命的だねって。明後日会いますよ!

内木志とのカット(C)KADOKAWA PHOTO/MAKINO SHOTA

――一緒に美容院に行くという話もされていたから、本当に仲が良いんですね。改めて4人で撮れたことをどう思いますか。

 私がこの4人と撮りたいって思ったのは、1人1人への思い入れも強いんですけど、NMB48にいたときにお世話になった先輩と同期。1人1人語ると長いんですけど、みおりんは埼玉から来て最初に仲良くなって、同い年というのもすごく大きくて、先輩だけど友達みたいに接してくれました。

 けいっちさんとれなぴょんさんは1期生なんですけど、地方組でNBM48の活動以外ですごくお世話になったお母さんみたいな存在。大阪のことを教えてくれて、ご飯もたくさん連れて行ってくれました。1期生だけど一番話やすくて距離もないし、2人を見たら安心するような存在。その先輩に見てもらいたかったんです。

 ここちゃんはずっと一緒にやってきた戦友として出てほしいなって。NMB48のときはライバルだったんですけど、今はライバルというよりは一緒に頑張っていこう思いが強い。なので出て欲しくて。

――写真集を出すのが夢で、その写真集にやりたかったもの、そして大切な人などの大事なものを全て詰め込んだ、と言う感じなんですね。

 そうです! だからぜひ手に取ってほしいです!

磯佳奈江

磯佳奈江

(おわり)

プレゼント情報

Twitterフォロー&RTで抽選で1名様にサイン入りポラロイドプレゼント。

サイン入りポラ

【応募方法】

・@musicvoicejpをフォロー
・このツイートをRT

【応募期間】

・9月16日〜9月25日23時59分まで。

当選された方には、TwitterのDMでご連絡をさせていただきます。

【注意事項】

・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・転売行為は固く禁止させていただきます。

この記事の写真
磯佳奈江
磯佳奈江

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事