令和元日にデビューしたアーティスト安斉かれん。次世代ギャルとしても注目を集める彼女が作詞だけでなく、初めて作曲・プロデュースを行ったNEWシングル「GAL-TRAP(ギャル・トラップ)」が16日、各サブスクリプション音楽ストリーミングサービスで配信開始された。

 今回の楽曲タイトルにある 「トラップ」というワードには、ギャルが仕掛ける『罠』という意味と、安斉自身が大好きと公言してきたHIP-HOPのジャンル『TRAP』の2つの意味が込められている。

 歌詞やサウンド・プロデュースにおけるテーマを、本人は以下のように語っている。

メイクを落としたら、心に何かが滲んでくる
悲しい、辛いとも違う・・・名前のないこの感情。
それを表す言葉が見当たらないから、音楽にした。
だから、歌詞自体は曖昧。
言葉にできない想いは、トラックに詰め込んだ。
気を紛らわすために、口笛を吹く。
落ち着くから、爪をいじっちゃう。
沈黙が怖くて、口遊むように溜息を吐く。
(HPより一部を抜粋)

 そんな多感な若者の心象風景をビジュアライズしたMusic Videoは、すでに、日本テレビ系 「スッキリ」 9月テーマソング、「ウチのガヤがすみません!」 9月エンディングテーマとして、その一部がオンエアされていたが、16日、フルバージョンが公開された。

 時に荒涼としてしまう『心の中』を表現した『無機質な部屋』には、幻想的かつ過激な配色の巨大なテディベアが配置されている。それに包み込まれるシーンは、いつまで経っても、誰かに守られていたい!という願望=ピーターパン・シンドローム(大人になりたくない)的な『幼さ』を表し、一方で、テディべアと対峙しようとするシーンでは、その『自分過保護』によって、世界から取り残されるかも知れない!という危機感や恐怖感が表現されている。

 “自分でも分かっている” でも ”やめられない” という、飴にも毒にもなる心のエスケープ機能(自分こそが自分の最大の理解者であること)からの連鎖から起こる『堂々巡り』は、永遠に出口に辿り着けず、無限ループする真白な部屋としても可視化されている。

 終始、シュルレアリスムな雰囲気で進む映像だが、ラストには、いよいよ脱出=自己解決か!?というシーンが登場するが・・・、スパイラルする物語の行方は。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)