MISIAが9月19日と20日の2日間にわたって、東京国際フォーラムで『MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020~Support for Medical Professionals~』と題して、全国の医療従事者支援のためのライヴを開催する。これは、いわゆるオンラインではなくリアルで行われるライヴとなっている。

 政府の定めるガイドラインに則り、客席を半分以下に減らし、ソーシャル・ディスタンスを確保したうえで行われる。エンタテインメントの火を絶やさないためにステージに立ち続ける彼女の意思と、日々現場で戦い続ける医療従事者のみなさんのためへの行動力が感じられる。ただのライヴではない、と言えば大袈裟かもしれないが、2020年に入ってからのMISIAの活動のひとつの集大成になるのは間違いない。そこで、MISIAの2020年をざっと振り返ってみたい。

 『NHK 紅白歌合戦』でのレインボーフラッグを用いた印象的なパフォーマンスを披露した後、2月から4月まで中国の超人気番組『歌手 2020』に出演した。こちらは7~8人のプロの歌手たちが生演奏をバックに歌唱を披露し、500人の観客が審査をして順位を決めるというシステムの歌番組で、動画も合わせると5億人が 視聴しているというお化け番組だ。彼女のパフォーマンスがオンエアされるや、中国でのライヴを熱望する 声が SNS に溢れた。また、2月から4月と言えば、世界が新型コロナウイルスとの初めての戦いを強いられた時期に重なり、歌を通して多くの人にエールを贈る彼女の姿は国境を越えて話題となった。

 2月末より実質的にライヴ・エンタテインメントがストップした中、MISIAは自分のできることを着実に行っていった。緊急事態宣言が出された自粛期間中、自らの寄付により『mudef お弁当プロジェクト』を立ち上げ、新型コロナウイルス感染症治療にあたる医療従事者支援として、都内の病院にお弁当を届けるというプロ ジェクトを実施。飲食店10店舗のお弁当、5000個を届けることができた。

 一方、6月から予定していた自身のホールツアーを延期、または中止としながらも、ライヴハウス支援の ために『MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020』を開催した。Billboard Live Yokohama の柿落とし公演を皮切りに、Blue Note Tokyo、Billboard Live Tokyo を舞台に1日2部構成でライヴを展開。「ライヴハウスから音楽 の灯をともしたい」という彼女の思いを形にして伝えた。最終日となる8月23日のBlue Note Tokyo 公演ではオンラインでの生配信にも挑戦するなど、記憶に残るライヴとなった。

 そして、テレビの音楽番組のパフォーマンスを通じても、多くの人にメッセージを発信し続けた。7月18日にはTBS系で放映された『音楽の日』に初出演を果たし、新型コロナウイルス感染拡大の収束を願って作 詞した新曲『さよならも言わないままで』を東大寺からパフォーマンス。ツイッターのトレンド入りをするほど 話題となった。さらに8月8日、NHKのwithコロナ特番『ライブ・エール』では、『あなたにスマイル』でトリを飾った。

 このように、コロナ禍であっても、自分の今できることをできる範囲で最大限やり続ける意思と行動力を示してきたMISIA。9月に入っても、16日に配信シングル『好いとっと』『君の背中にはいつも愛がある』を同時リリースし、テレビ朝日系『関ジャム完全燃 SHOW』では、MISIA 特集の放送が決定するなど、彼女の存在と動向に大きな注目が注がれている。

 そんな中で行われる『MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020~Support for Medical Professionals~』。話題となることは間違いない。

ライブ情報

<公演名>MISIA SUMMER SOUL JAZZ 2020 ~Support for Medical Professionals~
<日時>2020 年9月19日(土)・20日(日)

▼1st show 開場 15:00/開演 16:00

▼2nd show 開場 19:00/開演 20:00
<会場> 東京国際フォーラム ホールA
<チケット代> 全席指定9,900円(税込)
<チケット一般発売日> 2020 年 9 月 12 日(土)10:00AM~
<チケット販売サイト>
▼ローソンチケット:https://l-tike.com/misia-tif/

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)