DAIGOと森崎ウィン

 BREAKERZが12日、都内で行われた映画『妖怪人間ベラ』初日舞台挨拶に登壇。森崎ウィンやemma、英勉監督に、担当した主題歌を絶賛されると、ボーカルのDAIGOは「HHS、ヘラヘラしちゃう」とDAI語で照れた。

 人気アニメ『妖怪人間ベム』に登場する「妖怪人間ベラ」に焦点をあて映画化。年齢設定は女子高生という新たな視点で物語化した。この日は主題歌「BARABARA」を担当したBREAKERZ、主人公・新田康介を演じた森崎ウィン、ベラを演じたemma、そして英勉監督が登壇した。

 主題歌の候補曲は3人それぞれ持ち寄ったとし、そのなかで選ばれたのはAKIHIDEが書いたもの。DAIGOは「俺とSHINPEIの曲はもう覚えていない。それぐらい良い曲で完ぺき」と称えた。

 そのAKIHIDEは、本作の映像の一部を観てエンディングシーンを想像したところ曲のアイデアが自然と浮かんできたという。「『妖怪人間ベム』は再放送ですが小さい頃に見て、古いものと新しいものが混ざればいいなと途中で『ベム』のオマージュを入れました」と明かした。

 一方、SHINPEIはベラを演じたemmaを「お美しい。あの転校生がきたら恋に落ちちゃう」とデレデレ。DAIGOも「バンドのなかでもMだから落ちちゃうよね」と察した。

 そのSHINPEIは森崎のラジオを愛聴しているようで、この日対面が叶い「嬉しい」。続けて「ラジオを聴いているから僕なりに人となりは知っていたはずだったけどあそこまで豹変するとは」と演技力を称えた。この評価に喜ぶ森崎は「ラジオにコメント(メール)を送って」と誘い、DAIGOからも「このあと速攻で送って」と促されていた。

 また主題歌について、歌手活動も行う森崎が「イントロから掴まれました。僕も音楽をやっている人間として、映画の主題歌として楽曲を書くということ、そこにBREAKERZの色を入れてくるのは純粋に凄かった」と称え、emmaも「この曲があることで映画がもっと面白く感じられる」、監督も「先に曲があって映画を作ったような気がするぐらいぞくっとする」と称賛の嵐。

 そんなべた褒めに「純粋に嬉しい」と喜ぶDAIGOは「HHS、ヘラヘラしちゃう」とDAI語を交えつつも照れて、「13年やっていると褒められることがなくなるから」と3人揃って称賛に浸かっていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)