四人組アイドル フィロソフィーのダンスが11日、メジャーデビューシングル「ドント・ストップ・ザ・ダンス」のMVをYouTubeで公開、楽曲の先行配信が開始された。

 今回のMVの舞台は、ストリップ劇場の最高峰“浅草ロック座”。1947年創立にして現存するストリップ劇場で最古かつ最大の、まさに“セクシー神”が宿るとされる官能美の総本山だ。フィロソフィーのダンスの4人は、その妖艶な雰囲気に促されるように、巨大なミラーボールを背に息の合った個性的なダンスを披露。見どころは、メンバーそれぞれが宇宙船になり、宇宙を自在に旅行をするかように見えるシーンだという。

 また、ストーリー仕立てとなっているこのMVには、前出のシーンとは対照的なカットも。メンバーそれぞれが生まれたままの姿で透明ボックスに閉じ込められるシーンでは、鎖に囚われた奥津マリリや、LEDテープやコードに拘束された十束おとはなど、自分自身を解放するまでの葛藤を描いているの。

 「ドント・ストップ・ザ・ダンス」は、グループとして初のヒャダイン作詞楽曲で、自分らしく生きたい!と願うすべての人に送る応援歌であり、彼女たちのメジャーデビューに向けた強い決意を込めた一曲。アイドル界に収まらないソウルフルな歌声を持つ日向ハルの力強いフェイクから始まるこの曲は、2020年の世界的潮流に乗った、FUNK、SOUL、DISCOの名曲の香りをふんだんにまとった今年イチ踊れるナンバー。

 リリース日の9月23日にはタワーレコード渋谷店から行う無料配信ライブの開催も決定。フィロソフィーのダンスのYouTubeチャンネルから配信されるとのこと。

メンバーコメント

▼奥津マリリ

 鎖を噛むという人生初の怒りモーションがあったのですが、自分を縛りつけるものに怒り反抗する感情を表現するシーンとして大事なシーンだなと思ったので、しっかり物凄く怒りました!!笑 色々なものに縛られたり抑制されたりしてそれに不安を感じたり怒りを感じたりしている表情と、ステージで歌い踊っている時の自分らしさを表現する表情の2つがとても対象的なので、4人の表情とダンスシーンの個性の弾けっぷりに注目して欲しいです!!

▼佐藤まりあ

 箱に閉じ込められるシーンでクールな表情をしていますがサウナかってくらい汗だくになりながら撮りました。照明とミラーボールがギラギラなダンスシーンと箱に閉じ込められたシーンの対比が見所です!ぜひ表情に注目して観ていただきたいです。

▼日向ハル

 歌詞のテーマである「自分らしく生きること」を映像でも表現しています。ダンスシーンは自らを表現してステージでキラキラしている自分、それぞれがガラスケースの中でうずくまっているシーンはまだ何かから解放される前の"私らしさとはなにか?"と考えている自分の対比を楽しんでほしいです。

▼十束おとは

 特に浅草ロック座でのダンスシーンは見どころです。ステージのゴージャス感と照明の煌めきがとても素敵で、私たちのパワーが増し増しになっています!振り付けだけてなく、メンバーそれぞれフリーダンスにも挑戦したのでそこにも注目して見てほしいです。また、ガラスケースに入るシーンでは1人1人シチュエーションが異なっているのですが、私は大好きなPCのキーボードやコード、LEDライト(ライトは私がリクエストしました)と共に密閉空間に入ることができてとても幸せでした…。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)