神木隆之介

 俳優の神木隆之介が9日放送のフジテレビ系『TOKIOカケル』に出演。サザンオールスターズの桑田佳祐を“桑田君”と呼んでいるとし、その理由を明かした。

 【写真】過去に話題になったFukase&神木隆之介の2ショット

 この日の放送にゲスト出演した神木。2歳から芸能界で活動する神木は、“一番ビビった相手”として「事務所の大将」と話す桑田の名前を挙げた。

 同じ事務所・アミューズに所属している神木と桑田。自身の両親がサーファーという神木は、「サザンとともに生きて来た人。小さい頃からずっとサザンを聴いてた」と話し、桑田は神様のような存在だという。

 桑田のミュージックビデオにも出演した神木は、アミューズ主催のフェスでパーソナリティを務めた際、“神様”である桑田が「よろしくね、よろしくお願いします」と丁寧なあいさつをしてくれたことを感激した様子で紹介。

 さらに、「桑田さんのことを“桑田君”って呼ばしてもらってて」と話す神木。ある雑誌の取材で桑田と会った際、「そういえば、神木君、僕のこと“桑田君”って呼んでほしいんだ」とお願いされたという。

 驚いた神木に桑田は、「僕、ジャニーズに憧れててさ。ジャニーズの先輩後輩の“君付け”ってさ、すごく良いと思って」との理由を打ち明けたという。

 これに神木は、「むしろこれで拒否して“桑田さん”って呼び続けたら逆に失礼だなと思って。じゃあ、もう、言うこと聞きます」とし、神様のような存在である桑田を“桑田君”呼びするようになった経緯を明かしていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)