櫻井翔が表紙を飾った『週刊ザテレビジョン』9日発売号(KADOKAWA)

 嵐の櫻井翔が、9日発売の『週刊ザテレビジョン』(KADOKAWA)で表紙を飾った。12放送の『THE MUSIC DAY 2020』で総合司会を務める櫻井が表紙とグラビアに登場。番組への熱い思いと共に、櫻井が伝えたい“音楽のチカラ”を語った。

 創刊38周年記念月間の特別企画第2弾として、唐沢寿明、草なぎ剛ら12人が「自分にパワーを与えてくれるもの」を紹介する。また「監察医 朝顔」など、この秋にスタートする全52作品122人の登場人物をまとめた新ドラマ超相関図も掲載。

 新ドラマ主役メッセージでは、「ルパンの娘」の深田恭子と瀬戸康史などが登場。本放送を再開した「エール」の深堀り特集も掲載される。

 また、ライブ配信される「NANIWA DANSHI LIVE 2020 『 Shall we #AOHARU? 』」を前に、なにわ男子がライブに懸ける思いを告白。さらに、“ライブ=ファンへのプレゼント”ということで、プレゼントトークも披露する。

 主演舞台「虎者 NINJAPAN 2020 」の開演に合わせ、次号よりスタートする Travis Japan の新連載を前に、昨年の連載「ザ虎ビジョン」の振り返り企画を掲載。三谷幸喜とタッグを組みシットコムに挑戦する香取慎吾の撮り下ろしグラビアも。

 そのほか、“ザテレビジョンドラマアカデミー賞”の特別編として、読者が選ぶ2019 年度ドラマ大賞を発表する。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)