奥平大兼

 俳優・奥平大兼が、10月スタートのTBS系ドラマ『恋する母たち』(毎週金曜よる10時)に出演することが分かった。木村佳乃・吉田羊・仲里依紗が演じる3人の母たちの息子の一人。本作がドラマ初出演で「一生懸命自分の力を出せたらいいなと思っています!」と意気込む。

 柴門ふみ氏による同名の人気作品が原作で、脚本は恋愛ドラマの名手・大石静氏が手掛ける。

 主演は木村佳乃。19年ぶりにTBSの連続ドラマで主演を務める木村が演じる主人公の石渡杏は、11年前に夫に突然失踪されて以来、不動産屋でパートをしながら一人息子を育て、この春有名進学高校に入学させたシングルマザーだ。共演には吉田羊と仲里依紗。吉田演じるバリバリのキャリアウーマン・林優子と仲演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まりは、それぞれ杏の息子と同じ名門校に通う息子がいる。

 この3人の美しい母たちの心を揺さぶる男性陣には、まりを強引に誘う人気落語家・今昔亭丸太郎役に、阿部サダヲ。杏の前に現れる、夫の駆け落ち相手の夫・斉木巧役に、小泉孝太郎。そして、優子と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・赤坂剛役には、磯村勇斗が決定している。

 今回3人の息子役の一人として出演が決まった奥平は、キャリアウーマンの優子(演・吉田羊)の息子で長らく引きこもり生活を送る大介を演じる。今年7月に公開された映画『MOTHER マザー』で、初演技にしてメインキャストに大抜擢され、その類稀なる表現力が話題となった。今作が初のドラマ出演となる。

 「僕が演じる大介もとても複雑な役柄なのでプレッシャーなど感じることもありますが、それ以上に役のことを考えるのをとても楽しく感じています! 一生懸命自分の力を出せたらいいなと思っています!」と気合十分だ。

相関図

 ほか、まり(演・仲里依紗)の息子・繁秋役に宮世琉弥。杏(演・木村佳乃)の息子・研役に藤原大祐が決定した。彼らは同じ名門校に通う息子3人の役柄と同年代。彼らの等身大の芝居も見どころのひとつだ。

 また、母たちを悩ます夫たちも決定した。失踪した杏の夫・慎吾役には渋川清彦。自身の弁護士事務所の部下と不倫をしているまりの夫・繁樹役には玉置玲央。また、優子の夫で売れない小説家のシゲオ役にはおぎやはぎ・矢作兼が決定した。

 さらに、母たちと深く関わっていく女性キャストたちも解禁。杏の夫・慎吾の母の綾子を演じるのは、夏樹陽子。まりの夫・繁樹の弁護士事務所に所属する新人弁護士で、繁樹が妻帯者と知りながらも男女の関係となり、まりへの嫉妬のあまり思いもよらない行動をとる山下のり子役には森田望智。さらに、小泉孝太郎演じる斉木巧の妻で、杏の夫と駆け落ちをした女性・由香は、瀧内公美が演じる。

奥平大兼コメント

 初めて台本を読ませていただいた時、大人の恋愛ということもあり自分の歳だと見られない世界のお話だったので、とても面白いと感じました。

 ドラマに出演させていただくことが初めてで、僕が演じる大介もとても複雑な役柄なのでプレッシャーなど感じることもありますが、それ以上に役のことを考えるのをとても楽しく感じています!

 一生懸命自分の力を出せたらいいなと思っています!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)