Perfume

 Perfumeが6日放送の日本テレビ系『おしゃれイズム』に出演。下積み時代を経て楽曲「ポリリズム」がヒットした際、あーちゃんは「一発屋、ラッキー」とポジティブに受け止めた当時を語った。

 今年で結成20周年、メジャーデビュー15周年を迎えたPerfume。下積み時代も長かったといい、あーちゃんは「最初に『ポリリズム』っていう曲で、パーンって色んなところでさせていただけるようになって、“一発屋、一発屋”ってすごい言われたんですよ」と当時を振り返る。

 ただ、あーちゃんは「一発屋、ラッキー、みたいな。一発屋になれた」と下積みを経験してつかんだヒットを喜んだようで、「最高じゃんっていう感覚でやってたら、あれよあれよと、こんなに歌手になれるなんて」と今に至ったことを感慨深そうに語った。

 最初は地元・広島でデビューし、続いて東京でインディーズデビュー、そして、メジャーデビューと3度のデビューを経験しているというPerfume。当時のライブ事情を明かし、番組では秘蔵映像も紹介。

 さらに、かしゆかは、台風の影響で観客が帰り始めている中、「ステージやらなきゃっていう気持ちでいっぱいで、すごい頑張ってたんですけど、スタッフさんが『もう機材、壊れちゃうんでやめてください!』って」とライブの中止を求めてきたエピソードを紹介。

 あーちゃんは「私たちも機材のことはずっと心配してて」と自らが濡れてもマイクなどを雨から守っていたが、スタッフは機材ばかりを心配。「ショックだった」というあーちゃんは「絶対、大物になろうって思いました」と当時を懐かしそうに思い返していた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)