Uruの新曲「Break」が10月3日からスタートする読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ『半妖の夜叉姫』エンディングテーマに決定、10月28日に両A面シングルとしてリリースされる事が決定した。

 TVアニメ『半妖の夜叉姫』は、『犬夜叉』の登場人物である殺生丸の双子の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の娘・もろはをメインキャラクターとした新しい物語で『犬夜叉』の原作者・高橋留美子がメインキャラクターデザインを担当。アニメーションキャラクターデザインに菱沼義仁、音楽に和田薫など、アニメ『犬夜叉』を手がけたスタッフが再集結。監督は『犬夜叉 完結編』の副監督を務めた佐藤照雄が担当。シリーズ構成は隅沢克之が務めオリジナルストーリーが展開される。

(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 「Break」は、アニメのために書き下ろされた楽曲で、作詞・作曲をUruが担当。アレンジャーに気鋭のミュージシャンYaffleを迎えた新機軸のアップナンバー。この曲についてUruは、“長い歴史があり、沢山の方に愛されているアニメ『犬夜叉』の新たなる物語『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマを歌わせていただくことができ、とても光栄に思っています。日本だけでなく世界中で愛されているアニメで、私の曲が海を越えたどこかの国の誰かが聴いてくださっているかもしれないと思うと少し不思議な気持ちですが、『犬夜叉』の物語と、新しい『半妖の夜叉姫』の世界観を大切に曲を書かせていただいたので、アニメと共に愛される曲になってくれたらと思います。”とコメントしている。

 この楽曲は、先だって発表されている10月30日公開の映画「罪の声」主題歌の「振り子」とともにUruにとって初の両A面シングルとして10月28日にリリースされる事が決定した。なお、「Break」は、パッケージリリースに先駆け10月10日にダウンロード・サブスクリプションで配信リリースされる。

 今夜19時からは、自身初の配信ライブ『Uru Online Live 2020 「あなたと私」』の開催も決定しており、通常公演の幻想的な紗幕の演出とは異なった「あなたと私」だけの特別な空間で、オリジナル楽曲とカバー楽曲を織り交ぜた内容が予定されている。チケットは現在も発売中、アーカイブ配信も9月6日22:00から9月9日23:59まで実施、配信期間中は何度でもアーカイブ視聴可能となっている。

Uruコメント

長い歴史があり、沢山の方に愛されているアニメ『犬夜叉』の新たなる物語『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマを歌わせていただくことができ、とても光栄に思っています。

日本だけでなく世界中で愛されているアニメで、私の曲が海を越えたどこかの国の誰かが聴いてくださっているかもしれないと思うと少し不思議な気持ちですが、『犬夜叉』の物語と、新しい『半妖の夜叉姫』の世界観を大切に曲を書かせていただいたので、アニメと共に愛される曲になってくれたらと思います。

『半妖の夜叉姫』佐藤照雄監督コメント

『半妖の夜叉姫』のエンディングテーマとして、Uruさんから楽曲提供をしていただけると聞いた時にはガッツポーズ出ました!

初めての出逢いは、「あなたがいることで」という楽曲でした。

透明感のある歌声とテーマ性のある歌詞、そして、スッと寄り添う感じのメロディーがすごく作品とリンクしていて、非常に素敵なアーティストさんだな、と言う印象を抱きました。

今回いただいた楽曲も、夜叉姫達キャラクターの想いが歌詞に綴られているようで作品を見ていくたびに歌詞が刺さって行く感じになれば幸いです!

曲調も、Uruさんらしく聴く人を吸い込むようなメロディーと歌声、さらに力強さも相まって素敵なエンディングテーマになってくれること間違いなしです!

たくさんの人たちに是非とも聴いていただきたいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)