初日舞台挨拶に登壇した清原果耶(撮影・木村武雄)

 清原果耶、伊藤健太郎が4日、都内で行われた映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』(藤井道人監督)初日舞台挨拶に登壇。本作が映画初主演となる清原は初日を迎えられた喜びを噛みしめていた。

 【写真】達筆と褒められた清原果耶がしたためた「初日」

 星ばあが教えてくれたあかるい屋根の秘密。懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語で、迷える少女の不思議な出会いと成長を描いた。主人公、14歳の少女・大石つばめ役を務めた清原果耶は本作が映画初主演となる。

 緊張した面持ちで客席を見渡しながら「どんなお気持ちで、どんな顔をされているだろうとまじまじと見ていました。映画どうだったでしょうか」と問いかけ。拍手が送られると大きく息を吐いて「本当に奇跡ですよね。自粛期間が長らくあって、そのなかでもそれを超えてきょう初日を迎える有難みを、ここに立って皆さんのお顔を見て実感しました。本当に感謝しかないですね」

 つばめの前に現れた謎の老婆・星ばあ役を務めた桃井かおりは、在住するロサンゼルスからビデオをメッセージを寄せた。「現場で会える日を楽しみしています。長生きするから。しぶとく生きろ!」という力強いエールに清原は「ありがたいですね。しぶとく生きたいです」と気を引き締めた。

 この映画の舞台挨拶に登壇するのはこの日が初めてという伊藤。つばめが恋するお隣の大学生役を務めた。清原が以前、伊藤の印象を「柔らかい波をまとっている」と表現したことに触れ「嬉しいな」としながらも「取材の時に清原さんはどうですかと聞かれるけど、そういう素敵な言葉の語彙力はなくて、先に言われるのはずるい。あとあとこっちが困るよ」とタジタジの様子。それでも清原に「まさに優しい近所のお兄ちゃんでした」と褒められると「嬉しいですね」と頭をかいた。

 劇中では、つばめが書道教室に通いその後水墨画にも挑戦する姿が描かれている。そうした様子に絡めて「宇宙でいちばん“心に沁みる言葉”」を毛筆でしたためた。「初日」と書いたのは清原。「きょう本当に迎えられて良かったと心から思っていて、映画撮影に携わっていただいたスタッフさんもお越しくださった皆さん、本当にありがたいなという思いがいっぱい。きょうがないとこれから始まっていかない大事な日でもあるので書きました」

初日舞台挨拶に登壇した藤井道人監督、清原果耶、伊藤健太郎(撮影・木村武雄)

 桃井は「大人になると何でもできるようになる」としたためた。そんの言葉に清原は「しっかり日々を過ごして大人に近づきたいと思いました。今は18ですが、子供と大人にいる感覚が最近ものすごく感じているので、1日1日豊かな大人になれるように頑張りたいと思いました」と落ち着いた口調で語った。

 また、桃井との撮影の日々を振り返り「宝物のような日々でした」。「桃井さんはものすごく沢山愛を持っている方で、監督と桃井さんが話されているのを少し離れた場所で見ていて、こういうアイディアの出し合い、作品のつくり方ができる女優さんになりたいなと思いましたし、かっこいいと思いながらそのエネルギーをもとに現場で頑張っていました」と語った。

 改めて「出会えて良かったと思える人達とも出会えて、出会えた良かった脚本、作品、現場だったので私の中で大事な大事な作品です。それをきょう見て頂けて少しほっと安心できたような感覚がいまやっと降ってきまして、これからもっともっと見て頂ける場があれば見て頂いて、この作品がどなたかの心に届けばいいと思いますし、みなさんの手できちんと育て頂ければいいなと思いました」と初日を噛みしめていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)