柳楽優弥『ViVi』11月号アザーカット。写真家・森栄喜氏と再びタッグ

 俳優・柳楽優弥が、9月23日発売の女性ファッション誌『ViVi』11月号に初登場。人気連載「tokyo boy cam」で写真家・森栄喜氏と約1年ぶりにタッグを組んだ。

 【写真】笑顔が印象的、アザーカット(4枚)

 公開された写真は、本誌のアザーカットとメイキングオフショット。柳楽と森栄喜氏は昨年夏、柳楽初のパーソナルブック『やぎら本』(9月20日)の撮影で初タッグを組んだ。先日公開となった表紙・裏表紙で見せた無防備な仕草が話題を呼んだ。

 今回の企画で約1年ぶりにタッグ。30歳目前であった柳楽の姿をありのままに捉えた『やぎら本』では、「BEDTIME STORY」というテーマで等身大の爽やかな色気を放つ魅力をたっぷり撮り収めた。

 対する今回の撮影ではまた異なる魅力を見せている。30歳を迎え、どこか大人の余裕を感じさせるような落ち着きと佇まい、大人びた表情が印象的だ。

 自宅などのプライベートな空間でゆったりとくつろいでいるような雰囲気の中、優しい眼差しを向けて微笑む表情、飾らない笑顔など至近距離で撮影されたナチュラルなカットが撮り収められている。

 終始リラックスした和やかなムードの中で撮影に臨んだ柳楽は「本当に良い写真が撮れたんじゃないないか、という感じがしています! 皆さんにぜひ見ていただきたいです」と胸を張った。

 9月20日には『やぎら本』の発売記念イベントが実施される。スペシャルトークイベントや個別お話し会などを、アプリを使用してオンライン上で行う予定だ。参加チケットは現在販売中で先着順による数量限定となる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)