登壇した芦田愛菜(撮影・木村武雄)

 芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世が3日、都内で行われた映画『星の子』(10月9日公開、大森立嗣監督)完成報告イベントに登壇。6年ぶりに実写映画の主演を務めた芦田は“信じる”が一つのテーマになっている本作に「映画を通して『信じること』『信じたいと思う大切な人』を考えるきっかけになれば」と語った。

 【写真】登壇した芦田愛菜、永瀬正敏、原田知世、大森立嗣監督

 小説家・今村夏子氏の同名小説が原作。思春期を迎えた主人公が、“怪しい宗教”を深く信じる両親との生活を疑い始める。芦田は中学3年生の主人公・ちひろを演じる。ちひろの両親役は永瀬正敏・原田知世が務めた。

 芦田は、役作りのために髪を30センチカットした。「髪が長い自分がちひろを演じることがしっくりこなかった。イメージと違うなと思い監督に相談しました」

 演じるにあたっては、両親の前にいる姿と学校での姿など「多面的な要素が出せればいいな」と思ったという。大先輩にあたる永瀬正敏・原田知世との共演では「フレンドリーに接して下さって、待ち時間は他愛もない会話もして。土台を作る上で重要でした。ちひろは大事に育てられてきたんだなと思いました」

 本作を通じて「信じる」ことや「相手を信じることの意味」ということを深く考えたという芦田。「その人を信じているのではなく、自分が理想とすることに期待しているのではないか。だから期待とは違うことがあると裏切られたと思うけど、その人が裏切ったわけではなく、見えていないところが出てきた。それを受け入れられるかが大事ではないかと思いました」と自分なりに導き出した答えを紹介。

 更に「揺るがない信念を持つのは難しい。だから理想の人物像にすがりたいのではないかと思いました」と哲学的な見解を示すと、大森立嗣監督からは「むずかしいよ」。永瀬正敏も「しっかりしているでしょ。これ以上の答えはないぐらい」と称賛した。

 一方の原田は、16歳になった芦田に小さい頃の可愛らしい面影が見えるとし「母親役を演じていて自然と愛しい気持ちになれた」と語った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)