アンバサダーに就任したSKE48

 SKE48が、新型コロナウイルス感染症のための抗体検査キット・抗原検査キット「I Check」を用いた疫学調査を実施する『I Check プロジェクト』のアンバサダーに就任。須田亜香里、古畑奈和、熊崎晴香、惣田紗莉渚、佐藤佳穂、井上瑠夏の6人が「I Check プロジェクト」TVCM「SKE48×I Check プロジェクト篇」に出演。YouTubeで映像が公開、9月中に放送を予定している。

 CMでは、「1日でも早く、安心して会える日のために。」をキャッチコピーに、SKE48にとっての「安心して会える日」=「ファンの方と手を取り会える日」、すなわち「握手会」の実現を目指す情景が描かれており、そのような未来を一緒に作っていこうというメッセージが込められている。

 映像は、まるでSKE48の握手会に来たような感覚になる主観アングルのカットから、過去の握手会風景がフラッシュバックし、そこからSKE48のメンバーが「I Check プロジェクト」について語るストーリー。メンバーは、ファンの顔を思い浮かべながら、握手のシーンの撮影に臨んだという。また、後半の彼女たちの表情には、「安心して会える日」のために、「I Check プロジェクト」アンバサダーとしての強い決意が込められている。

須田亜香里コメント

新型コロナウイルスの影響で当たり前だった日常が一変しました。私たちは「会いに行けるアイドル」をコンセプトに活動してきましたが、ファンの皆様と会えなくなってしまった今、自分たちの在り方に不安と自問自答を繰り返す日々を送ってきました。
今回このプロジェクトを応援させていただけることに心から感謝しています。一人でも多くの方に「I Check プロジェクト」にご参加いただいて、疫学調査・研究のためのデータ提供にご協力いただけると嬉しいです。皆様が安心できる日常を心から願っています。

古畑奈和コメント

多くの方に「I Check プロジェクト」にご参加いただき、疫学調査・研究の為のデータ提供にご協力いただけると
嬉しいです。
私達もファンの皆さんと一緒に笑いあえる日が来ることを願って、プロジェクトを応援していきます!

熊崎晴香コメント

今、会いたいけど会えない大切な人がいたり、帰りたいけど帰れない場所がある、そんな日々が続いています。
その現状に立ち向うためにプロジェクトにご参加いただけると嬉しいです。今出来ることを。明るい未来のために。

惣田紗莉渚コメント

新型コロナウイルスの影響で、ファンの方にもなかなかお会いすることができず、もどかしい日々が続きますが、「I Check プロジェクト」アンバサダーとして、少しでも多くの方にご参加いただいて、疫学調査・研究のためのデータ提供にご協力いただけるよう私たちも頑張ります!ファンの皆さんと以前のように近くで笑い合える日々が、きっとまたくることを信じて、このプロジェクトを応援していきたいと思います。

佐藤佳穂コメント

当たり前にあった日々が一日でも早く戻ってくるように、疫学調査・研究のためのデータ提供にご協力いただけると嬉しいです。
ファンの皆さんとまた笑顔で会えることを願って、私たちもこのプロジェクトを応援していきます!

井上瑠夏コメント

1日でも早く、皆さんと安心して会える日が来ることを願って、みんなで一緒に「I Check プロジェクト」に参加しましょう!
また一人でも多くの方に参加していただけますように、このプロジェクトを応援していきたいと思います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)