萩原みのり

 女優・萩原みのりが、公益社団法人日本看護協会、厚生労働省が主催する『看護の日・看護週間(制定日5月12日)』30周年記念特別ドラマ『Memories~看護師たちの物語~』(BS日テレ、10月スタート)に出演する。

 『看護の日・看護週間』の一環として、全国から看護にまつわる心温まるエピソードを募集している「忘れられない看護エピソード」。今年で10回目を迎えた同エピソード受賞作をドラマ化する。

 1話5分のミニドラマ形式で、全26話。コロナ禍の影響で放送開始が予定より遅れる中、看護職の重要さが改めて社会で認知され、最終的に今秋10月に放送開始。撮影は都内某所で7月上旬にクランクインし、8月上旬にクランクアップした。現在ポストプロダクションに入っている。看護監修は日本看護協会が全面的に行った。

 物語の舞台は鴬台総合病院。2年目看護師、夏井ひかるは同期の春川理緒、秋村正博とともに看護師としての2年間を振り返る研修を受ける。講師のベテラン看護師、福木優子は研修の初日、1通の手紙を取り出し、ひかるに読むように促す。それはある母親が担当の助産師に宛てた手紙だった――。

 夏井ひかる役を務める萩原みのりは今、業界各所から注目を集める若手女優だ。「必死に自分なりの看護を探し求め、前に進もうともがく3人を温かく見守っていただけたら嬉しいです」と意気込む。

 ほか、春川理緒役には祷キララ、秋村正博役は筒井真理子、福木優子役筒井真理子が演じる。萩原みのりらが看護師の日々をリアルに表現する。

 なお、挿入歌はつんく♂が作詞作曲した「Nursing Now」公式ソング「元気の歌」となっている。

萩原みのり(夏井ひかる役)コメント

 夏井ひかる役を務めさせていただきました、萩原みのりです。祷さんと木戸さんと、3人でたくさん悩みながら楽しく挑ませていただきました。1話5分と、とても短い作品なので、気楽に楽しんでいただける作品になったんじゃないかと思います。福木さん(講師のベテラン看護師)や患者さんから様々なことを学び、必死に自分なりの看護を探し求め、前に進もうともがく3人を温かく見守っていただけたら嬉しいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)