三浦祐太朗

 シンガーソングライターの三浦祐太朗が8月31日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』に出演し、結婚にまつわる両親とのエピソードを明かした。

 6月に声優の牧野由依と結婚した三浦。黒柳徹子から祝福されると、「結婚をして初めてテレビに出させていただくのは、徹子さんにお話しさせていただく時と決めていた」と明かし、徹子を喜ばせた。

 2人の馴れ初めについて触れた三浦。2015年ごろに自身のラジオ番組に牧野がゲスト出演したのが初めての出会い。「僕はアニメが好きで、もちろん知っていたのでものすごく舞い上がった」と当時を思い返した。

 その後、「時間が経って、共通の知人が多いことがわかって」と連絡を取り合うようになり、交際がスタートしたようだ。

 さらに、父・三浦友和と母・山口百恵は三浦が結婚することを「あきらめていた」とのエピソードが明かされた。

 牧野を両親に紹介したのは、今年の2月終わりか3月頃といい、「彼女を含め、女性を両親に紹介したのはその時が生まれて初めてだった」と三浦。両親ともども緊張を抱えての対面だったという。

 続けて「僕も含めて弟もいるんですけど」と実弟で俳優の三浦貴大も取り上げながら、「30半ばになってまだ結婚してないし、『もう、いいでしょ』ってあきらめられてて」と苦笑い。「あきらめられてたみたいですね」と優しく語った。

 牧野が気を遣わないよう、カジュアルに顔合わせしようと父・友和が提案。緊張している中でも「『結婚したいと思ってる女性なんだよね』ってすごい自然に言えた」と振り返った三浦は、父の配慮に感謝。

 さらに、牧野と母・百恵は「メル友」だといい、「僕の知らないところでラインやってますから」と笑顔。徹子は「素敵ね。そういうのいいわね」と楽しそうに応じた。

 また、三浦は両親がケンカするところを「見たことがない」と言い、「どうしたらこうなるんだろうって思いますね。いまだに映画デートとかも行くし、『仲いいな』って実家に帰るたびに思いますね」という。

 そして、「ああいう夫婦を目指していきたいと思います」と両親を理想の夫婦像に挙げる三浦。「結婚がゴールって思いがちですけど、これからすごい長い年月一緒にいるわけで、どれだけ色んな感情を共有して、添い遂げられるのかなっていうところを、うちの両親を参考にしてこれからも頑張っていきたい」と抱負も語っていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)