Kis-My-Ft2の26枚目シングル「ENDLESS SUMMER」が9月16日に発売される。デビュー記念日の8月10日に公開されたミュージックビデオ(MV)は100万再生を突破。“令和のサマーソング”としてヒットの兆しを見せている。同曲は、ジャニーズJr.のグループ美 少年が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『真夏の少年〜19452020』の主題歌にもなっており、ドラマの世界観ともリンクするとしても話題になっている。今回は、“原点回帰”をテーマに掲げている本作のMVと楽曲から7人の魅力を紐解いていく。

 7月26日にグループ結成15周年、8月10日にはCDデビュー9周年を迎えたKis-My-Ft2。デビュー10年目を歩み出した彼らにとって、この夏はひとつの節目といえるだろう。

 新たな一歩を踏み出す彼らの新曲「ENDLESS SUMMER」は、“原点回帰”をテーマにした楽曲で、デビュー曲「Everybody Go」をオマージュしているダンスや歌詞に注目が集まっている。

 例えば、曲始めのフレーズ<Everybody right now>には、デビュー曲のタイトルが使われ、サビの<さぁ C’mon, C’mon, C’mon>でも、デビュー曲のフレーズ<カモン カモン カモン Everybody Go!>。更にダンスも一致している。

 MVにもリンクする部分が登場する。例えば、2番のサビで7人が並ぶシーン。「Everybody Go」では、画面を力強く睨み付けていた彼ら。だが今回の「ENDLESS SUMMER」では、力強さはあるものの心なしか表情が和らいで見え、7人で優しく穏やかに日々を重ねてきたことを感じさせる。

 全員が同じ純白の衣装に身を包み、爽やかに踊る。「ENDLESS SUMMER」 のMVを観ていると、これから描かれていくであろうKis-My-Ft2の真っ白な未来が、どのようなものなのか期待が膨らんでいく。

 また、<君と過ごす夏はただ自由で/不自由だった昨日忘れられる>や、<忘れられないような季節を/2人で刻みにいこう>など、ジャニーズサマーソングの王道である、胸をときめかせるフレーズもたくさん含まれている。平成の夏を彩ったKinKi Kidsの「ジェットコースター・ロマンス」や、タッキー & 翼の「Ho! サマー」のように、この楽曲が“令和のサマーソング”の定番と呼ばれる日が来るかもしれない。

 季節は移り変わっていくけど僕らの夏は終わることはない――、「ENDLESS SUMMER」は、彼らが節目となるこの夏にかける強い想いを感じる一曲となっている。ジャニーズの王道である夏のラブソングに彼らの歩みを乗せたこのシングルは、彼らにとってもファンにとっても、大切な一枚となることだろう。【かなぴす】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)