山本彩が28日、無観客ストリーミング配信ライブ『山本彩 LIVE TOUR 2020 ~ α ~ツアーファイナル』を行った。昨年12月にリリースされた3rdアルバム『α』(アルファ)を携えて半年前にスタートしたツアーだったが、コロナ禍の影響によりツアーは中断。全国のファンにこのツアーを見てもらいたかった、一緒に楽しみたかったという思いから配信ライブ開催に至った。ライブは『α』の楽曲を中心に「レインボーローズ」、「Weeeekend☆」、新曲の「愛なんていらない」などアンコール含め全20曲を披露。「次に繋がるライブが出来た」と話したこのライブの模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

ちょっとでも元気になってもらえるような公演を一生懸命やりたい

山本彩(撮影=半田安政)

 開演前からチャットのコメント欄はこのライブを楽しみにしているメッセージが次々と投稿されていく。さらにSNSのトレンドに#山本彩の名前が上がるなど、このツアーファイナルへの注目度の高さが伺えた。開演時刻になり幻想的なSEに光の演出が高揚感を与えてくれるなか、ステージに佇む山本彩は白い衣装に身を包み、山本らしさが詰まった「イチリンソウ」でライブの幕は開けた。しっとりとした歌声でスタートし、サビでは徐々に熱を帯びていく歌声は、強く咲く“イチリンソウ”の姿を想起させるようだった。

 一転してアグレッシブなドラムサウンドに、ディストーションギターがテンション上げる「棘」へと流れる。山本はアコースティックギターを抱え、クールな表情で歌声を響かせ、真っ赤に染まるステージは観ているものを引き込んでいく。このテンション感は続いての「喝采」へと引き継がれた。一心不乱、パワフルにアコギ を掻き鳴らす山本。コメント欄ではサビで拍手の絵文字や、画面越しでも盛り上がっている様子が垣間見れた。<これで満足か?>と鋭い視線を放っていたのが印象的だった。

 山本は「半年ぶりにこうやって皆さんに(ライブを)配信で観てもらえることが嬉しいです。ちょっとでも元気になってもらえるような公演を一生懸命やりたい」と意気込みを伝えると、サポートメンバーのAyasa (Vn)による叙情的なバイオリンの旋律から「unreachable」を披露。ハンドマイクで楽曲のストーリーを紡いでいく山本。

 そして、ここまでヒートアップした熱をクールダウンさせるかのように、ミディアムナンバー「雪恋」、そして、イントロでリズムに乗り楽しそうに身体を弾ませ、笑顔でパフォーマンスする姿が印象的だった「君とフィルムカメラ」と、山本の様々な表現方法を堪能。360度いろんな角度からステージをを捉えていて、全員が最前列といった感覚を与えてくれる。

 ここからライブは中盤戦へと突入。アクティブなシースルーの衣装にチェンジした山本が再びステージに登場し、「Homeward」を歌唱。コメント欄では「声の良さが引き立つ」などこの楽曲で聴ける透明感のある歌声にも注目が集まっていた。そして、レイドバックしたビートに合わせ、楽曲の情景を映し出すような振り付けが印象的な「feel the night」。続いて、ステージ上段へと移動し、LEDパネルに投影されたシルエットとシンクロしたダンスで魅せた、シティポップテイストの「stay free」と、歌声だけでなく動きでもリスナーを楽しませてくれたセクションだった。

山本彩(撮影=半田安政)

 サポートメンバー「チームSY」によるインストナンバーを挟み、山本は再び衣装をチェンジし、アカペラでスタートした「サードマン」。ピアノと バイオリン、山本の3人で1コーラスを展開、2コーラス目からバンドサウンドでドラマチックに紡いでいく。スクリーンにはオーロラのような美しい光景が浮かび上がり、楽曲の世界観を後押し。山本の憂いを帯びた歌声も優しく響き渡った。

 山本は事前に募集したリスナーの生声について、「曲の合間とか皆さんが本当にいるような感じがして、心強いなか歌わせていただきました。声を送ってくださった皆さんありがとうございます」と感謝。MCではこの半年間の近況を報告。山本はバースデーイベントで当てた冷蔵庫を選んだ話題や、サポートメンバーに子供が生まれた話しに花が咲いていた。

20代のうちにアリーナに立ちたい

山本彩(撮影=半田安政)

 そして、ライブは後半戦へ。「追憶の光」は眩い光の中、情感を込め歌い上げ、セピア色の照明が作り出すシックな雰囲気で、椅子に座り伸びやかな歌を響かせた「月影」と、涙腺を緩ませる楽曲たちで聴かせる。そして、ブルーのライトが神秘的にステージを彩り、山本はビグスビーが搭載されたレスポールを抱え「まだまだいくぞ!」と煽り「TRUE BLUE」へ。ロックモードへと変貌した山本の凛とした表情も鮮烈だった。

ライブの模様(撮影=半田安政)

 ライブもラストスパート。山本は「一緒に声を出していきましょう」と画面の向こう側にリスナーに向けコール&レスポンスを展開した「Weeeekend☆」。見えなくとも繋がっていることを実感させてくれるようなパフォーマンスに、コメント欄も「ハッピー」の文字で埋め尽くされた。山本もステージを動き回り、アクティブな姿で魅了した。

 サポートメンバーたちによるスリリングな掛け合いからの「Let's go crazy」では、キレのある歌声でアクセル全開のパフォーマンス。そして、チェリーサンバーストのレスポールを抱え「レインボーローズ」と、夏の終わりにぴったりな爽快なナンバーを投下。実際なら観客の腕に装着されていたであろうレイブバンドを客席に取り付け、それぞれ7色に輝き、レインボーカラーの美しい光景が広がっていた。コメント欄もサビで虹とバラの絵文字で賑わった。

 MCでは「また一緒に遊べるように全国を廻りたい」と思いを述べ、アルバムで最後を飾る「Larimar」を本編最後に届けた。<あなたがいるこの世界は 何より素晴らしい>と、切実にメッセージを伝えるように歌う山本。こんな時期だからこそ、より強く心に響いてくる1曲で本編を終了した。

 アンコールを求める「さやかコール」がスピーカーから響き、コメント欄も同様に「さやかコール」で埋め尽くされていく。生のライブのような臨場感を感じる中、再びステージにラージヘッドの白いストラトに、ツアーTシャツを着た山本が登場し「JOKER」を披露。人差指を掲げるアクションにリスナーも指を掲げる絵文字で応戦。

 ここでおうち時間で作ったという新曲を披露することに。「緊張する…」と初披露への緊張感を伝え、モスバーガーのCMソングに決定したミディアムナンバー「愛なんていらない」を届けた。壮大なストリングスサウンドが広がる中、<今を生きていくんだ>と強い思いを歌に乗せて伝えた。悲しげな表情の中にも目は強い輝きを放っていた。

山本彩(撮影=半田安政)

 山本は「またみんなと会えると信じて」とメッセージを伝え、ラストに「Are you ready?」。明日への活力に繋がるエネルギッシュなパフォーマンスを魅せ、最後に山本は「20代のうちにアリーナに立ちたい」と目標を掲げ、笑顔でステージを後にした。

 アフタートークでは「チームSY」と共に、この日のライブを振り返り、リスナーからの感想などで盛り上がった。山本は今日のライブを行い「もっと先に行ける、次に繋がるライブが出来た。本当にライブが好きだということが純粋にわかったので、この気持ちを大切にしながら、これからもい良いライブを作りたい」と、手応えと決意を語り『山本彩 LIVE TOUR 2020 ~ α ~ツアーファイナル』の幕は閉じた。

山本彩とチームSY(撮影=半田安政)

セットリスト

『山本彩 LIVE TOUR 2020 ~ α ~ツアーファイナル』

8月28日

01.イチリンソウ
02.棘
03.喝采
04.unreachable
05.雪恋
06.君とフィルムカメラ
07.Homeward
08.feel the night
09.stay free
10.サードマン
11.追憶の光
12.月影
13.TRUE BLUE
14.Weeeekend☆
15.Let's go crazy
16.レインボーローズ
17.Larimar

ENCORE

EN1.JOKER
EN2.愛なんていらない
EN3.Are you ready?

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)