モデルで女優の池田エライザが26日、フジテレビ系で放送された『2020FNS歌謡祭 夏』に出演し、上白石萌音とのコラボで絢香の「I believe」、ソロで中島みゆきの名曲「時代」を歌唱した。ネット上で「こんな歌うまいの?!」「表情と歌にやられた」などと驚きと称賛が挙がっている。

 この日の放送に出演した池田。上白石とは普段から仲が良く、2人が初めて買ったアルバムが偶然にも絢香の1stアルバム「First Message」だったという。

 そのアルバムに収録されている絢香の「I believe」を歌唱した池田と上白石。歌い出しで2人はお互いに向き合い、目を見つめながら優しい歌声を響かせた。

 「I believe」はサビに向けてパワフルになっていく歌唱が大きなポイントの一つ。池田はハスキーかつ奥行きのある歌声でエネルギッシュに歌い切った。

 さらに、池田は中島みゆきの名曲「時代」をギターの弾き語りでソロ歌唱。名曲の調べを情感豊かに響かせていた。

 この池田の歌唱はネット上で大きは反響を呼び、「池田エライザ」のワードがトレンド入り。

 ツイッターには「池田エライザ×上白石萌音が聞いててすごく心地よかった2人とも歌がお上手」と上白石とのコラボを称賛する声が挙がった。

 さらに、「エライザちゃんこんな歌うまいの?! すげぇ」「ああ惚れる。エライザちゃんの声は透き通ってて綺麗すぎる」「モデルさんだと思ってたら冒頭から表情と歌にやられたしみじみ伝わる歌の巧さ」などと、池田の歌唱力や表現力の高さに驚くコメントも多く見られた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)