平手友梨奈が26日放送のフジテレビ系「20202FNS歌謡祭 夏」に出演。歌手の森山直太朗の歌唱に合わせてダンスを披露し、そのパフォーマンスがネット上で「泣けた」「すごい美しかった」などと大きな反響を集めている。

 今回、平手は森山が歌唱する「生きてることが辛いなら」に合わせ、少女ダンサーのみおしめじと共にダンスを披露した。

 「生きてることが辛いなら」は森山が思いを込めた、人の心に響く1曲。平手とみおしめじは、歌詞の世界観を体全体で表現。激しくも切なく、クールでいて情熱的。感情をほとばしらせるようなダンスとして昇華していた。

 このパフォーマンスはネット上で大きな反響を呼び、「平手友梨奈」などのワードがトレンド入り。

 ツイッターには「いいよね 泣けたよね」「すごい...自然に涙が出てくる...」「パフォーマンスすごい美しかった」「平手さんのダンスとか表現力ってホントに留まることを知らない」などコメントが相次いでいる。

 さらに、欅坂46を卒業した今、「やっぱりてちは表現することを続けてくれてよかった」と、改めて平手のパフォーマンスに脱帽する人も多いようだ。

 また、森山は放送後に自身のインスタグラムを更新し、平手らとの記念ショットを投稿。多くの反響のコメントが寄せられ、「平手さんと、みおしめじさんの演技が、楽曲の世界観を深く投影していて、胸を打ちました」と感動に感謝する声が多く見られている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)