8月22日から23日まで日本テレビ系で放送された『24時間テレビ43』で、メインパーソナリティーを務めた井ノ原快彦(V6)、増田貴久(NEWS)、北山宏光(Kis-My-Ft2)、重岡大毅(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)それぞれ所属するグループが両国国技館に集結し、生パフォーマンスを行った。

 ジャニーズWESTは、最新曲「証拠」を熱唱。Kis-My-Ft2は、デビュー曲の「Everybody Go」、NEWSは初披露曲「カナリヤ」を届けた。そして、King & Princeは、サプライズで「シンデレラガール」を披露。V6は、フィナーレ直前に登場し、「愛なんだ」と「Believe Your Smile」をスペシャルメドレーで歌い上げた。

 今年のメインパーソナリティーは、グループや世代を超えた5人が選抜。そのため、自分のグループのメンバーが登場した時にみせたどこか安心したような表情には、感慨深いものがあった。ここでは、そんな彼らのパフォーマンスを振り返っていく。まずは、ジャニーズWESTの「証拠」と、Kis-My-Ft2の「Everybody Go」。

ジャニーズWEST「証拠」

 まず登場したのは、ジャニーズWEST。『くりぃむ上田&有働のここがすげぇぞ!パラスポーツ』の特集のなかで、頑張るアスリートの映像を背に、最新曲「証拠」を披露。舞台『正しいロックバンドの作り方 夏』に出演中の藤井流星と神山智洋も、直後に公演があるというハードスケジュールのなか、仲間の応援に駆けつけた。

 7人が輪になり、向かい合って歌唱がスタート。重岡が「ジャニーズWESTです! 僕たちからのエール、あなたに届きますように!」と熱く叫ぶ姿に微笑むメンバー。そして、心からうれしそうに屈託のない笑顔を浮かべる重岡。彼らの熱さの奥にある絆が垣間見えた。

 サビの、<こんなにも笑って いや泣いて 忙しなく叫ぶ キミの心は/頑張っている証拠だよ>と頑張っている人を肯定する歌詞や、<「置いてきぼり」なんて 言わないで/完璧じゃ疲れちゃうよ>というフレーズは、ファン一人ひとりの心に優しく寄り添うグループ観にピッタリだ。

 彼らのパフォーマンスは、歌を“歌っている”というより、“魂の叫び”のようにも感じる。だからこそ、楽曲の歌詞がよりリアルに響くのかもしれない。背中を押しつつも、誰も置いていかないスタンス。そして、それぞれが持つ、メンバーに対する誇らしさのようなものが強く伝わってきたステージだった。

Kis-My-Ft2「Everybody Go」

 続いては、北山所属のKis-My-Ft2のパフォーマンス。ローラースケートを履いて登場し、デビュー曲の「Everybody Go」を披露した。

 曲のスタートでは、メンバーを見て嬉しさが抑えきれない北山の姿も。メインパーソナリティー5人の中で、所属歴としてはちょうど真ん中の位置にいる北山。持ち前の明るさで、淡々と場を盛り上げていたように見えたが、先輩と後輩の狭間で、気を張っていた部分もあったのかもしれない。メンバーの姿を見て、自然と心が和らぐホッとした表情が見られるのも、各グループからメインパーソナリティーを選抜した今年ならではの光景だろう。

 募金ランに挑戦した、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん、そしてチームQを応援するために歌った「Everybody Go」には、<この時代のチャンピオンさぁ/掴めNo.1/ため息よ歓声に変われ!!>や、<俯いたってさ/何も変わらない/高く空を見上げて>など前向きになれるフレーズがあり、背中を押したいという思いが浮かぶ。

 また、間奏では、King & Princeの岸優太、お笑いコンビのチョコレートプラネット、古坂大魔王が作成したコラボ体操『おうち体操!Vっちょコミュニケーション』をするなど、彼らの魅力の一つ無邪気さも見られた。そうした楽しげな彼らからは、見ているこちらも「メンバーっていいな」とほっこりさせられる。最後は、北山が「頑張ってください! Qちゃん!」とエールを送り、笑顔でパフォーマンスを締めくくった。

 今回は、ジャニーズWESTとKis-My-Ft2のパフォーマンスを振り返った。次回は、NEWSの最新曲「カナリヤ」のパフォーマンスに注目したい。

筆者紹介

かなぴす メディア学科卒のライター。19歳の頃から109ブランドにてアパレル店員を経験。大学時代は学生記者としての活動行っていた。エンタメとファッションが大好き。ツイッターは@kanawink

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)