BTSが21日午後1時(以下日本時間)発売したデジタルシングル「Dynamite」MVが22日午後1時30分ごろYouTube再生回数1億回を突破した。

 「Dynamite」は22日(午前8時まで基準)世界104の国と地域のiTunesトップソング’チャート1位を獲得した。コロナ禍で全世界が大変な時期に希望のメッセージを送り、全世界のファンと一緒に過ごしたいというBTSの真心が通じた快挙と評価されている。

 BTSは2月リリースした韓国4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7』以降6か月ぶりに軽快なディスコポップジャンルの「Dynamite」でカムバックした。前作で自分たちの率直な話で共感を引き出したとしたら、今回はコロナ禍で大変な時期を過ごしているすべての人のための希望のメッセージを選んだ。

 ミュージシャンDavid Stewart、Jessica Agombarが作詞・作曲に参加した「Dynamite」はキャッチで爽やかなメロディーが際立つ楽曲だ。歌詞には‘幸せ’と‘自信’というメッセージを取り入れ、BTSだけのヒーリングソングを完成させた。

 「Dynamite」のミュージックビデオも熱い人気を誇っている。22日午後1時30分ごろYouTube再生回数1億回を突破した。先に「Dynamite」ミュージックビデオは公開時点に同時アクセス数300万人を超え、歴代最高YouTubeプレミアミュージックビデオ視聴記録を達成した。さらに公開後およそ20分で再生回数1,000万回を超え、2月に1時間5分で1,000万再生を突破した「ON」の記録を更新、自己最高記録を立てた。続いて1時間14分で2,000万再生、3時間で3,000万再生を超えるなどグローバルアーティストらしい底力を見せた。

 他にも「Dynamite」ミュージックビデオは公開直後Twitterワールドトレンド1位はもちろんYouTube人気急上昇動画1位を獲得、BTSのカムバックに寄せた全世界的関心を実感させた。

 最初から最後まで活気あふれる雰囲気を出すミュージックビデオはそれぞれ違う空間で自分だけの味と個性を表現するメンバーの姿を撮りこんだ。多彩なカラーを活用した背景とレトロコンセプトの小物及び衣装、ヘアスタイルなどが多様な見どころになっている。

 「Dynamite」発売当日にはオンラインでグローバル記者会見を開催し、本格活動をスタートしたBTSは韓国内はもちろん海外メディアにも積極的に出演し、全世界のファンに会っている。22日午前6時にはアメリカ有名音楽番組‘MTV Fresh Out Live’に出演し、新曲を紹介した。ビデオ電話でMVの質問に答える方式で行われた。

 BTSは「『Dynamite』は大変な状況でも自分にできることに集中しようという趣旨の曲。本当に楽しいディスコポップジャンルで、この曲が皆さんにいいエネルギーを届けてほしい。僕たちにも新鮮な挑戦であり、突破口にもなると思った」と話した。また、31日に行われる‘2020 MTV Video Music Awards’で初めて「Dynamite」のパフォーマンスを披露することについては“初公開するステージの為、緊張する。でも新しいパフォーマンス、衣装、ヘアスタイルなどを楽しみにしてほしい”と話した。

 さらに、22日、公式SNSに「Dynamite」の追加写真とともにEDMとアコースティックバージョンの「Dynamite」デジタルリリースを予告。24日午後1時に公開すると発表した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)