及川光博

 及川光博が23日放送のTBS系『人生最高レストラン』に出演。忌野清志郎さんにかけられた言葉に感銘を受けた過去を語った。

 ゲストが「人生最高の一品」を紹介するコーナーの中で、“お好み焼き”を挙げた及川。それは東京・代々木上原にある「ごきらき亭」のお好み焼きであるとし、忌野さんと一緒に食べに行っていたという。

 過去に「ミツキヨ」というユニットを組んでいた2人。「ほんとに色々経験できたし、多くを学んだ方です」と忌野さんについて語る及川。「忌野さんの思い出といっても過言ではない。思い出込みでおいしい料理」と絶賛した。

 及川は「シャイな方。チャーミングな方。そしてやっぱりまっすぐな方ですね」と忌野さんについて触れ、思い出を振り返る。

 自身が母校で講演会を実施する際には、忌野さんも自転車で「来るんですよ」と驚いた及川。さらに映画撮影の現場にも付いてきたという忌野さん。その結果、台本が書き換えられて「タクシーを止めるサラリーマンの役」で忌野さんは出演を果たしたという。

 そして、忌野さんからかけられた、忘れられない言葉を尋ねられた及川。「一番印象的だったのは」とし、『馴染んでどうする。ずっと浮いてなさい』との言葉に強い感銘を受けたことを明かした。

 当時は、“王子キャラ”で人気を博していた及川。「色々いじられて、キャラクター先行。笑われる側なんだなっていうところで、うまく馴染めないな」との気持ちを抱え、忌野さんに相談。

 すると、「清志郎さんが『馴染んでどうするんだ』と。『ずっと浮いてなさい』って言ってくれて」という。

 及川は「なんかホッとしましたね」との心境を得たようで、「アマチュア時代から、個性を存分に発揮できると思って、夢を見て世界に入ったわけですから、『よし、それでいこう』って思いました。なんか吹っ切れた」と勇気づけられたようだ。

 そして、「意気投合できたというか、可愛がってもらえたことが僕の人生の誇りですよ」と及川は話し、忌野さんへの強い慕情を口にしていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)