8月21日に結成14周年記念日を迎えたSCANDALが、無観客配信ライブ「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness” Livestream」を開催。ライブ終演後には、結成15周年記念日である来年2021年8月21日に大阪城ホールでワンマン公演を開催することを発表した。

 この配信ライブは、今年2月にリリースとなったプライベートレーベル”her”からの第一弾アルバム『Kiss from the darkness』を引っ提げて3月から9月にかけて開催予定であったワールドツアー「SCANDAL WORLD TOUR 2020 “Kiss from the darkness”」の開催中止を受けて一夜限りの再現ライブとして開催され、日本国内だけでなく海外52カ国でも生中継された。

 アルバムのアートワークが使用されたオープニングムービーが流れるとメンバーがステージに登場、ライブを待ち望んでいたファンから歓喜のコメントが寄せられ、アルバム収録の「セラミックブルー」よりライブがスタート。続けて、同じくアルバム収録の「最終兵器、君」、海外でも人気曲である「瞬間センチメンタル」を披露。

 その後、「夜明けの流星群」「NEON TOWN ESCAPE」などミディアムナンバーや結成14周年記念日にふさわしいナンバー「記念日」など数曲届け、ライブ中盤にさしかかるとアコースティックセットにチェンジし、出会いと別れが歌われた「Departure」、TOMOMIがボーカルを担当する「ランドリーランドリー」をゆったりと2曲披露した。

 その後、命がテーマになっている「ちいさなほのお」をセンセーショナルに聴かせ、ライブ後半戦に突入。「マスターピース」「A.M.D.K.J.」「テイクミーアウト」などアッパーな楽曲で駆け抜け、ラストはアルバムの最後を飾るナンバー「月」を披露し、本編が終了となった。

 アンコールでは、アルバムリリース後の6月、7月に配信シングルとしてリリースされたばかりの最新曲「Living in the city」、「SPICE」を披露し、約2時間にわたるパフォーマンスは終了となった。

 そして終演後、画面が切り替わり、来年2021年8月21日の結成15周年記念日に大阪城ホール公演「SCANDAL 15th ANNIVERSARY LIVE『INVITATION』at 大阪城ホール」の開催が告知ムービーにて発表された。SCANDALが同会場でライブを開催するのは2014年以来約7年ぶりで、結成当初、大阪城公園内の城天ストリートでライブを行っていたSCANDALにとって思い入れの深い会場となる。チケット情報などの詳細は後日発表となる。

SCANDAL

 なお、本日の配信ライブは、リアルタイムで視聴できなかった方も8月22日23:59までアーカイブ配信でも楽しめる。(※海外配信は、日本時間8月22日PM7:00~8月24日PM7:00まで視聴可能)また、本日披露したセットリストをまとめたプレイリストが各ストリーミングサービスにて公開されている。

大阪城ホール公演詳細

SCANDAL 15th ANNIVERSARY LIVE『INVITATION』at 大阪城ホール
日時:2021年8月21日(土)
場所:大阪城ホール

※開場/開演時間、チケット代、券売スケジュール等は後日発表となります。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)