永野芽郁と清野菜名

 女優の清野菜名が17日に自身のインスタグラムを更新し、永野芽郁との2ショット写真を投稿。ファンから喜びのコメントが寄せられた。

 【写真】反響を集めている清野菜名&永野芽郁の2ショット

 清野は「『親バカ青春白書』3話に出演しました」と切り出し、16日放送の日本テレビ系ドラマ『親バカ青春白書』に出演したことを報告した。

 そして、「本当に一瞬だったけど、めいちゃんとまた一緒にできて、嬉しかった。次はもっとがっつり」とし、永野との2ショット写真をアップしている。

 清野と永野は、2018年上半期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で共演した間柄。主演を務めた永野が上京し、ともに漫画家のアシスタントとして働く友人役を熱演したのが清野だった。

 今回の『親バカ青春白書』では、清野は今田美桜扮する寛子のサークルの先輩役としてゲスト出演。永野との束の間の“再共演”を果たした格好だ。

 清野が投稿した写真は、フェイスシールドを着用した清野が、永野と楽しそうな笑顔を見せているもの。

 この投稿はおよそ4時間ほどで「いいね!」の数が18万件を突破する反響を示し、「半分、青い。見ているみたいだった」「芽郁ちゃんも菜名ちゃんも可愛すぎ」「めいちゃんとの共演また見れて嬉しかったです」などと歓喜のコメントが寄せられている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)