(C)東映・東映アニメーション

 森川葵・松井玲奈・百田夏菜子が声優を務める映画『魔女見習いをさがして』の公開日が11月13日に決定した。制作上の都合で公開延期となっていた。これに伴い、予告編映像が解禁となった。

 1999年から4年間に渡り放送された『おジャ魔女どれみ』シリーズ。コミカルなビジュアル、「魔法少女」というテーマから抱く“わくわく”“ファンタジー”やこれまでの「魔法少女もの」とは異なる、“困難を自分たちのチカラで乗り越える”という明確なテーマが当時の子供たちに大きな影響を与え、シリーズ最高視聴率は13.9%を記録。その人気は20年経った今でもとどまらず、OP曲の「おジャ魔女カーニバル!!」は2代のカラオケ定番曲にもなっている。

 そんな『おジャ魔女どれみ』の2周年を記念し制作されているのが『魔女見習いをさがして』。昨年3月の企画発表は8万リツイート&11万いいね、先月解禁された特報映像の際にはTwitterトレンド1位を獲得するなど、大きな注目を集めた。

 今回解禁となった予告編は、新たなる3人のヒロイン、ソラ(声:森川葵)、ミレ(声:松井玲奈)、レイカ(声:百田夏菜子)の声を初めて聞くことができる新映像ももりだくさんの内容となっている。

どれみが引き合わせた運命の出会いが、悩めるヒロインたちにちょっぴり不思議な奇跡をおこす

 自分たちの思い描く未来も見えず、人生についてそれぞれ悩んでいたソラ、ミレ、レイカの3人。年齢も、性格も、住んでいる場所もなにもかもが違う3人が何かに導かれるように、運命的な出会いを果たす。ヒロインたちを引き合わせたのは“おジャ魔女どれみ”!? 運命的な出会いをきっかけに3人はおジャ魔女どれみのゆかりの地を巡る旅へ!“好き”で繋がる3人で過ごしたかけがえのない時の中で起きるちょっぴり不思議な奇跡とは?どれみたちにそっと背中を押されながら、“なりたい私に向かっていく”3人のヒロインたちの物語に期待が高まる予告編になっている。

 さらに、今なお多くの20代から愛されている主題歌「おジャ魔女カーニバル!!」や“魔法玉”、どれみたち魔女見習いたちが力を合わせておこなう魔法”マジカルステージ“など聞くだけで懐かしく、当時の記憶もよみがえる内容がもりだくさんだ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)