5人組ヒップホップグループDOBERMAN INFINITYが日本の伝統文化・花火を応援する「日本の花火『エール』プロジェクト」のアンバサダー就任を記念した応援チャリティーソング「INFINITY ZOO」(読み:インフィニティー・ズー)が完成した。

「INFINITY ZOO」ジャケ写

 日本の夏の風物詩「花火」。例年であれば全国の花火師たちは今、最も忙しい夏への準備で多忙を極める時期だ。しかし、新型コロナウイルスの影響により、日本三大花火大会として知られる秋田・大仙市の全国花火競技大会「大曲の花火」や新潟・長岡 の「長岡まつり大花火大会」が中止を発表するなど、全国各地の花火大会が中止や延期を強いられている。イベントの中止による経済的打撃はもちろんのこと、披露する機会を失って倉庫に眠る大量の花火玉により、新たな花火の製造もままならない 状態が続くなど、 全国の花火業者は未曾有の危機に直面している。

 全国の花火師たちはそんな苦境に立たされながらも、悪疫退 散祈願や人々に希望や元気を届けることを目的に、無告知のサプライズ花火を自己負担で打ち上げるなど、多くの人々に感動 を与えている。これまで多くの人々を楽しませ、感動を与えてくれた花火師の職人技を守るため、今度は花火を見る側が花火 師たちを支援しエールを送るために、NPO法人大曲花火倶楽部や日本花火鑑賞士会など、花火愛好家で結成された「日本の花火を愛する会」がこのほど発足し、『エール』プロジェクトを始動、関係者は「若い世代に人気があり、元気で前向きになる曲を歌っているDOBERMAN INFINITYを通じて、少しでも多くの若者に、今のこの苦境を知っていただきたい」と起用理由を述べている。

 クラウドファンディングで寄付金を募り、行き場を失った花火玉 の打ち上げを依頼することで、花火業界を支援する形だ。今企画に参加を表明した花火業者は、全国29都県81社に及ぶ。感染症対策のため、打ち上げ日時や開催場所は非公開だが、メンバーのSWAYは「ワクワクドキドキ感を一緒に感じてもらえれば」と呼びかけている。"同日同時刻"に全国各地で一斉に「エール花火」を打ち上げることで、新型コロナ感染症で亡くなっ た 方々への鎮魂と慰霊、医療従事者への激励、不自由な生活を余儀なくされている人々へ想いを届けるという。

P-CHOコメント

「日本の花火『エール』プロジェクト」のアンバサダーに就任し、メンバーは音楽で力付ける事ができればという思いを込めて今回この楽曲制作に臨みました。INFINITY ZOOという架空の世界に生きる動物園の住人達が騒ぎまわる世界観と、夜空に派手に打ち上がる花火がリンクするように、心の中で楽しさや元気というものが湧き上がってくる楽曲になっていると思います。皆さんが花火を見ている時間は何もかも忘れ只々楽しんでいるように、INFINITY ZOOを聴いている時もそんな時間になればいいなと思いこの曲を作らせていただきました。」

 同楽曲は8月21日よりチャリティーソングとして配信。その収益の一部を今回のプロジェクトを通じて花火業者および花火師向けの支援に役立てる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)