桜井玲香

 桜井玲香が、2021年3月上演予定のミュージカル『ゴースト』(日比谷シアタークリエ)で、ヒロイン・モリー役として出演する。咲妃みゆとのWキャストで務める桜井は「モリーのもがきながらも一生懸命生きようとする力強さをしっかり演じられたらと思います」と意気込む。

 2018年に日本初演され大ヒットしたミュージカル『ゴースト』が、およそ2年半の時を経て経て再びシアタークリエの舞台へと蘇る。主人公サムを演じるのは、初演時にも圧倒的な演技・歌唱力でその役を昇華させた浦井健治。

 ヒロインのモリーは、初演後も多くの大役を演じ益々演技力に磨きのかかった咲妃みゆ、そして新たに迎える、帝劇デビューも果たし今やミュージカル界になくてはならない存在の桜井玲香がWキャストで務める。

 敵役となるサムの親友カールには、近年ミュージカルでも目覚ましい活躍を見せている水田航生を新たに迎え、霊媒師のオダ・メイ役は『天使にラブ・ソングを ~シスター・アクト~』でも如何なくその魅力を発揮した森公美子が初演に引き続き演じる。

『ゴースト』

桜井玲香コメント

映画版が素敵で好きな映画作品のひとつです。
今回出演させていただける事、とても嬉しいです。
初演は拝見出来ていませんが、ミュージカル版は魅力的な楽曲が多く、サントラをよく聴いています。
モリーのもがきながらも一生懸命生きようとする力強さをしっかり演じられたらと思います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)