解禁となったビジュアル

 綾野剛が主演、北川景子が共演の映画『ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-』の公開日が11月13日に決定。追加キャストとして前野朋哉、青山美郷、石黒賢らの出演が決まった。さらに、ビジュアルが解禁となった。

 人気作家・中山七里氏による小説・犬養隼人シリーズ『ドクター・デスの遺産』の映画化。

主演の綾野剛が主人公の警視庁捜査一課の敏腕刑事・犬養隼人を演じる。共演の北川景子は、綾野演じる犬養のバディである冷静沈着な女性刑事・高千穂明日香を、人気上昇中の若手俳優・岡田健史が新米刑事を演じる。

 今回発表のあった追加キャストは、前野朋哉、青山美郷、石黒賢ら実力派俳優たち。犬養&高千穂と同じ警視庁敏腕捜査チームとして脇を固める。

 監督は『神様のカルテ』「チェイス」など人間ドラマからサスペンスまで幅広い作品で手腕を発揮してきた深川栄洋氏。本作では安楽死を手口とするドクター・デスと警視庁No.1コンビの息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出す。

「ドクター・デス」との壮絶な闘いを想起させるビジュアル解禁

 安楽死を手口にする殺人という“禁断の題材”を扱う本作のビジュアルが解禁となった。犬養(綾野)と高千穂(北川)の決意漲る力強い眼差しから名バディ誕生の予感を感じさせるビジュアルには、“その医師を、追ってはいけない。”という意味深な台詞が書かれており、謎だらけの連続猟奇殺人犯、ドクター・デスとの壮絶な闘いを想起させる。

 「苦しむことなく殺してさしあげます。」ある闇サイトで依頼を受け、人を安楽死させる連続殺人犯、ドクター・デス。しかし被害者遺族はドクター・デスに感謝し、嘘の証言で守る。ドクター・デスは猟奇殺人犯なのか? 救いの神なのか? 130人もの患者を安楽死させた実在の医師をモデルに描かれる本作は11月13日に公開される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)