宮田“レフティ”リョウのギター伴奏のもとで歌い上げる柏木由紀(YouTubeより@ゆきりんワールド)

 AKB48の柏木由紀が10日、自身のYouTubeチャンネル「ゆきりんワールド」に新たな動画を配信。生演奏でグループの楽曲「風は吹いている」のソロ歌唱に挑戦し、反響を呼んでいる。

 【動画】ギター伴奏のもとで歌い上げる柏木由紀

 今回、自身のソロツアーで演奏をおこなっているという、ミュージシャンの宮田“レフティ”リョウを招いた柏木。同動画チャンネルでは初めてのゲスト招聘となった。

 動画冒頭、宮田さんについて紹介した柏木。AKB48の2011年の楽曲「風は吹いている」を宮田さんがアレンジし、実際のギター生演奏に合わせて自らがソロ歌唱する企画をおこなった。

 マイクを持ち、椅子に座りながら歌唱する柏木。宮田さんが隣でギターを弾く中で、特徴的な世界観が描かれる楽曲を熱唱。丁寧に音を弾ませながら、随所に感情をこめるように歌い上げていった。

 歌唱を終えた柏木は「『この曲、こんな曲だったんだ』ってなると思う。私がなった、実際」とアレンジの斬新さに驚きつつ、宮田さんの演奏に感謝。別の曲も次回の動画で公開することを告知した。

 このアコースティックバージョンで披露された『風は吹いている』のソロ歌唱はファンに好評で、「ソロでこの歌唱力はすごい」「ゆきりんは自身のスタイルで歌える!」「レフティさんとゆきりんのコラボ最強過ぎん?」などの反響が見られている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)