GReeeeNが7日、6月24日にCDリリースされた「星影のエール」のミュージックビデオが完成したことを発表した。壮大なCGアニメーションとなった今作は、脚本をGReeeeNのメンバーが担当。ミュージックビデオの脚本は初挑戦。監督は ONE PIECEのキャラクターが登場するカップヌードルCMや、ヨルシカ「ノーチラス」のMVでも話題となったCGクリエイター森江康太氏が監督&CGを担当。

 そしてキャラクターデザインの原案は日本アニメーションの巨匠、小田部羊一氏が手掛ける。アルプスの少女ハイジ、母をたずねて三千里、スーパーマリオブラザーズ、ポケットモンスターシリーズなど、名作のキャラクターデザインや監修を手掛け、第 43 回日本アカデミー賞授賞式に於いて協会特別賞を受賞したアニメーター界のレジェンド。小田部氏にどうしてもキャラクターデザインを手掛けてほしい!と、小田部氏の作画のファンであるGReeeeN リーダーのHIDE が、小田部氏にコンタクトをとり、その想いを伝え、小田部氏も HIDEの熱烈なオファーに応え、参加することとなった。

 小田部氏は昨年オンエアされた連続テレビ小説「なつぞら」のアニメーションの時代考証も担当し、連続テレビ小説とも縁の深い人物。「なつぞら」に登場した、仲が描いたキャラクター「キアラ」を描いたことでも知られている。

 ミュージックビデオは宇宙を旅する赤ん坊とロボットによる壮大な物語。時間や空間をこえて、二人の想いが交錯する。GReeeeNの脚本、レジェンドが手掛けるキャラクター、新進気鋭の映像クリエイターによるCGに注目。

「星影のエール」ミュージックビデオは8月7日21時にGReeeeN YouTube チャンネルでフルサイズプレミア公開。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)