(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

 城桧吏(じょう・かいり)が出演する実写映画『約束のネバーランド』(12月18日)がティザーポスター&30秒の特報が6日、解禁となった。

 2016年8月~2020年6月に週刊少年ジャンプ(集英社)で連載され、TVアニメ第1期も大きな話題となった異色の脱獄サスペンス作品『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか)。7月に発売された最新刊となる19巻までで全世界累計発行部数2400万部を突破しているほか、来年1月からはアニメ第2期の放送も決定、ハリウッドでの実写化企画も進行。12月18日には実写映画化される。

 「孤児院で幸せに育てられていた子どもたちは、実は食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」という、衝撃的な導入で始まる本作は、天真爛漫で誰よりもまっすぐな性格の主人公・エマを浜辺美波が、理性的でリーダー格のノーマンを板垣李光人が、オーバーアクションと様変わりする表情を持つクローネを渡辺直美 が、慈愛の微笑みを持ちながら冷徹な表情を垣間見せるママ界のトップオブトップであるイザベラを北川景子が演じ、さらには映画・ドラマと数々の少年漫画実写映画化で傑作を生みだしてきた平川雄一朗氏がメガホンをとる。

 現実主義者でクールな少年レイを演じる城桧吏は、18年6月公開の映画『万引き家族』に主人公の柴田治の息子祥太役で出演。同作が『第71回カンヌ国際映画祭』最高賞のパルムドーム賞を受賞したことで、更に注目を集めた。今後は本作のほか、映画『都会のトム&ソーヤ』で主演・内藤内人役が決定するなど、注目株だ。

対比が印象的なポスターと特報

 今回解禁となった、ティザーポスターと30秒の特報は、自分たちの未来に何が起きるのかを知らずに微笑み合う子供達の姿と、“その楽園から、脱獄せよ。”という衝撃的なコピーとの対比が印象的な仕上がりとなった。

 そして特報は、温かく幸せな日常から一転、孤児院の真実を知り脱獄に向けて動き出すエマ(浜辺)、レイ(城)、ノーマン(板垣)と、笑顔で不穏な言葉を紡ぐイザベラ(北川)とクローネ(渡辺)の姿が詰まった濃厚な30秒となり、原作ファンからの注目を集めていた実写映画の世界観が解禁となった。

 果たして子供達は脱獄することができるのか? イザベラは脱獄を止めることができるのか?

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)