満島真之介が主演を務める連続ドラマ『カレーの唄。』

 カレーをモチーフに、満島真之介&鈴鹿央士のコンビで男同士の絆を描いた、連続ドラマ『カレーの唄。』が10月から、ひかりTV、dTVチャンネルで順次配信、BS12 トゥエルビで放送されることが決定した。

 両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎役を演じるのは、本作が連続ドラマ初主演となる満島真之介。優秀な弟にコンプレックスを抱く、芸術家志望の内気な大学生・鈴木二汰役を演じるのは、鈴鹿央士。

 さらに、身寄りがない陽一郎を助ける、情に厚い下町の不動産屋経営者・清川薫子役に、森口瑤子が扮し、二汰が片思い中の、同じ大学に通う女子学生・森まどか役を、出口夏希が演じる。

 全12話各話ごとに異なる、多種多様なカレーも見どころの1つで、都内有名店、隠れた名店の他に、ハウス食品と共同開発したレシピのカレーや、店舗数1位のギネス世界記録™を持つココイチも登場。陽一郎が悩みを抱えた登場人物を誘い、おすすめのカレーを一緒に食べながら、相手の悩みを解決する。

 オリジナル作品に定評のある、脚本・山崎佐保子さんと瀬田なつき監督のタッグにより、2人の男がカレーを通じて絆を深める様を描いたハートウォーミングなドラマ。

 国内外で人気を誇る4人組クラブジャズバンド・JABBERLOOPが音楽を務め、主題曲「spice」他が収録されたアルバム『CORE』が、9月9日にリリース。

 また、同名タイトルでコミカライズされ、コミック『カレーの唄。』(漫画:月吉/原作:山崎佐保子)が、COMIC BRIDGEで8月7日から連載スタートする。

満島真之介/天沢陽一郎役コメント

満島真之介

「カレーは寛大なんだよ。国境も越える。」
山崎佐保子さんのオリジナル脚本に心を奪われたことから全てが始まりました。
人生にはカレーがある。
それは我々日本人の持つ不思議な共通点なのかもしれない。
僕にとってカレーは、人間関係のお手本であります。
それぞれの具材が絡み合い高め合う。
ゆっくり時間をかけて煮込むことで、そこにしかない独自の味が出来上がる。
簡単なようで難しく、奥が深くて終わりがない。
このドラマもカレーのように、素敵な仲間との出会いと縁が絡み合い、心温まる味わい深い作品が出来上がりました。
『カレーの唄。』が皆さんの心と胃袋を刺激し、愛で満たしてくれるはずです。

鈴鹿央士/鈴木二汰役コメント

鈴鹿央士

カレーは、日本人の生活に深く根付いた食べ物だと思います。
それぞれの家庭の味があり、食べ方があり、カレーうどんやカレーパンやカレー味のお菓子。
そこら中にカレーがあります。
『カレーの唄。』を観ていると、無性にカレーが食べたくなります。
ちなみに僕は観ながらもう食べていました。
このドラマは、カレーのようにキャストやスタッフの方々が素晴らしく融合して、温かくて美味しいものになりました。このドラマはまさしくカレーです。
ちょっと何を言っているのかよく分からないかもしれませんが、本当にまさしくカレーです(笑)
観ていて自然と笑顔になるような、幸せを感じることができる素敵なドラマです。
是非、ご覧ください。

森口瑤子/清川薫子役コメント

森口瑤子

「カレーはね色んな想いを浄化してくれる食べ物なんだよ」
昔むかし、カレーの神様が言ったとか言わないとか。
この『カレーの唄。』をご覧になった皆さんは必ずカレーが食べたくなります。
100%絶対まちがいなく食べたくなります。
そしてカレーを食べ終わる頃には、日々の切ない出来事も、もどかしい想いも「私ってなんだか幸せじゃん?」という気持ちに変わっているから、あら不思議。
『カレーの唄。』はそんな素敵なドラマです。

出口夏希/森まどか役コメント

出口夏希

森まどか役を演じさせて頂きました出口夏希です。
最初にカレーをテーマにしたお話と聞いてそれだけで「なんか面白そう!」とワクワクしながら台本を読ませて頂きました。
この作品は、色んな人と出会いカレーを通して成長していくストーリーになっています。
カレーを食べたくなるのは間違いありませんが、クスッと笑えて見終わった後には温かい気持ちになれる作品ですので、ぜひ見ていただきたいです!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)