エミリン、浜辺美波、北村匠海

 浜辺美波、北村匠海が4日、都内で行われた映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(8月14日公開、三木孝浩監督)公開直前生配信イベントに出席した。この日は特別ゲストとして、YouTuberのエミリンも登壇した。

 咲坂伊緒氏の人気少女コミック『ストロボ・エッジ』と『アオハライド』の流れを受け継いだ“咲坂伊緒 青春三部作”の最終章。実写とアニメーションで映画化。アニメーション映画は近日公開予定。今回イベントが行われた実写映画は8月14日に全国公開される。

 明るく社交的だが、実は自分の本当の気持ちを出すのが苦手な不器用なヒロイン・山本朱里を演じるのは浜辺美波。朱里の義理の弟であり葛藤を抱えるクールな山本理央は北村匠海(DISH//)が演じる。

 理想のシーンは「文化祭のとき、校舎の屋上で、好きな男の子に写真を撮ってもらうシーンです」と回答する浜辺に、エミリンは「エンディングの主題歌もマッチしていて本当に良かったですよね! あのシーンの浜辺さんの表情が切なくて儚くて可愛くて! この世の言葉では表せないですよね!」と大盛り上がり。そんな二人に、北村は「すみません(笑)女子会感についていけないんですけど(笑)」と女子トークにタジタジの様子だった。

浜辺美波と北村匠海

 北村は「理央が、朱里と和臣が2人で歩いているところをベランダから見てしまうシーンですね。そこが一番グッときたんですよね。めっちゃ苦しいんですけど、苦しんで苦しんで、プラスに変わった瞬間に、愛ってこれだなと思うので。良いことばっかの人生よりは、理央みたいな転んだり、苦しんだり、暴走しちゃうのは男してはグッと来ますね」と語ると、エミリンは「深いですね。実際の恋愛って上手くいかないことの方が多いし、その中でみんなもがいて、成長していくので、この作品、凄くリアルですよね!」と語った。

 映画の見どころを聞かれた北村は、「男の友情もちゃんと描かれているところですね。理央と和臣がある映画をキッカケに意気投合するシーンが楽しかったです。学生の時の友情ってそういう所から始まっていたなと。この作品は、それぞれの片思いの映画でもありますけど、家族の話だったり、男同士、女同士の友情部分も含めて、ぜひ見てほしいです!」。

 最後に北村は「今回こういう状況(コロナの影響)で直接伝えられなかった思いがあって、映画の中にもそんな思いや一歩踏み出せないようなことが詰まっておりますので、この映画を通じて、前向きになってくれたらいいなと思います」とコメント。

 浜辺は、「『思い、思われ、ふり、ふられ』は、4人の青春の片思いを描いているのですが、“青春”がしっかり描かれているので、自分たちはこんなに“青春”ってキラキラしているんだと、学生の方は気がつく機会になるかと思いますし、社会人の方は、“青春”というものをもう一度感じられる作品になっていると思います。そして本作が皆さんの夏の思い出なっていただけたらと思います。是非劇場に8月14日お越しください」と述べた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)