小林幸子と松岡充によるユニット・シロクマが5日、シングル「しろくろましろ」を8月9日に先行配信、10月7日にCDリリースすることを発表した。

「しろくろましろ」ジャケ写

 「ニコニコ動画」を通じて出会った2人は、『ニコニコ超パーティー2018』において小林のシングル「存在証明」をサプライズで松岡とデュエットし、ステージで初共演を果たした。そのときに「この人なら私の違う才能を引き出してくれそうだ」と感じた小林のオファーにより、今回のプロジェクトはスタートし、松岡が作詞・作曲・歌唱で参加。

シロクマ

 シングル「しろくろましろ」は『ニコニコネット超会議2020夏』のテーマソングで、イベント期間中の8月13日にニコニコ生放送で2人が「しろくろましろ」を初パフォーマンスする。

 また、10月7日発売のCD盤のカップリングに2007年に松岡がSOPHIAでリリースしたシャンソンの名曲エディット・ピアフの「愛の讃歌」を松岡自身が訳詞したカバー曲「青空の破片(かけら)」を小林幸子の歌唱で収録。

小林幸子コメント

 小林幸子の歌手人生。 そして今届けたい想いを松岡充君が楽曲にしてくれました。

 演歌で表現してきた歌の世界を越えて、私の本心が詰まったメッセージソングです。

 初めて聞いた時は号泣しました。ロック「松岡充」とのデュエット。どんな化学反応が起きるか自分でも楽しみです。

 今この大変な世の中に、沢山の人に幸せの種を届けたい。

 みんなとハンドクラップし、大声で笑顔で歌える日が一日も早く来ることを祈って今は歌います。

 皆さん一緒に「前を!前を!」見て踏ん張って立ち上がりま しょう!! 

 あっ! ユニット名「シロクマ」可愛いでしょ。応援してね!

小林幸子

松岡充コメント

 コロナ禍の世界我々の国、日本もその渦中
 日々未来を生きる事にさえ不安が襲ってくる現在
 人々は一人一人
 自分自身のやるべき事に向き合いながら
 地道に懸命に生きるしかない
 当たり前の幸せはもうどこにもない
 全ての生きる人達が試されている
 そんな今
 アーティストはどうあるべきか?
 アーティストとして、歌手として、人として
 大先輩の小林幸子さんから
 大きなチャンスをもらった気がしている
 どんな時でも詩うのが歌手
 どんなに苦しくても誰かの笑顔を生む為に作品を
 紡ぎ出すのがアーティスト

 “しろくろましろ“黒く塗り潰されたら、また白に戻せばいい
 どんなに時間がかかっても
 どんなに大変な作業でも
 やればできる
 それを日々目指して歩き出す事
 それこそが人生なんじゃないか?
 幸子さんから発せられたメッセージを
 僕はメロディと歌詩にしたまで
 塗り潰されたら白に戻せばいい
 こんな時代だからこそ
 さらに光り輝く
 “真白“に!

シロクマ 松岡充

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)