浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS」が4日、9月16日に約2年半ぶりにシングル「TOO BLUE」をリリースすることを発表した。

「TOO BLUE」通常盤

 浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSはボーカル&ギターに浅井健一、ベースにNUMBER GIRLの中尾憲太郎、ドラムにカナダやアメリカで活動してきた小林瞳で構成された3ピースバンド。昨年の浅井のソロ名義リリースに合わせたツアーもこのバンドで実施し、成熟度が増してきている中でのリリースとなる。

 表題曲「TOO BLUE」は、混沌とした現代に、暗に訴えかける叙情的な歌詞とメロディーに、メンバーのサウンドが絡み合う楽曲となっている。

「TOO BLUE」初回盤

 そして初回生産限定盤には、昨年に全国20ヶ所で行ったツアー「BLOOD SHIFT TOUR 2019」のファイナルであるマイナビBLITZ赤坂での公演を約50分も収録した豪華内容となっている。

 今年のツアー中止が発表される中、このシングルリリースを是非楽しみにして頂きたい。

作品情報

2020年9月16日(水)リリース
浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS
シングル「TOO BLUE」

初回生産限定盤(CD+DVD)BVCL 1066~1067 価格:2,500円(税込)

<CD収録曲>(初回生産限定盤・通常盤 共通)

01.TOO BLUE
02.JODY
03.送る歌

DVD収録曲

『"BLOOD SHIFT TOUR 2019" FINAL at MYNAVI BLITZ AKASAKA』

1.Vinegar
2.目覚める時
3.Watching TV ~English Lesson~
4.Sunny Precious
5.目を閉じる映画
6.DEAD FISH
7.だからってさ
8.ぺピン
9.見たこともない鳥
10.暗いブルーは暗いブルーさ
11.METALLIC MERCEDES
12.Old Love Bullet Gun
13.SKUNK

通常盤(CD)BVCL 1068 価格:1,200円(税込)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)