flumpoolが1日、ダイハツ「TAFT! TV」で『flumpoolの!TAFT! TV~この夏限定!新様式応援プログラム~』をYouTube ダイハツ Official channelで生配信した。TAFT新CMソングを歌うflumpoolが登場し、「これからチャレンジしたいこと」をトーク。生ライブではTAFTのCMソング「NEW DAY DREAMER」を含む3曲をバーチャル背景を使用した演出で届けた。

flumpool、トークの模様

 ダイハツ工業(株)(以下ダイハツ)は、青空SUV「タフト(TAFT)」※1を6月10日 から全国一斉に発売し、7月20日より中川大志、千鳥(声)出演の新CM「ジブン オープン篇」を公開。さらに、みんなの「はじめたい」を応援するキャンペーン「タフ チャレ! キャンペーン」も開始した。このキャンペーン開始を盛り上げるため、7月23日に実施したDAY1に引き続き、8月1日DAY2として、タフト新CMソングを歌うflumpoolが、みんなの「新しいことをはじめたい」を応援する、新様式応援プログラム「flumpoolの!TAFT! TV」をYouTubeで公開した。

 今回のオンラインイベントは、DAY1に続き、夏を楽しみ、みんなの「新しいことをはじめたい」の応援プログラムとして開催。スペシャルゲストとして、flumpoolを招き、タフトのキャッチコピーである“ジブン、オープン“というテーマのもと、メンバーのやりたいことやメンバー同士の仲の良さが伝わる「ジブン、オープンスロットトーク!」を実施した。

 ボーカルの山村は、「富士山でリベンジしたい」と答え、18歳の時幼馴染のメンバーと富士山登山に挑戦したものの、失敗したという思い出のエピソードを話した。ギターの阪井は、「メンバーとサバイバルがしたい」と 答え、最近ハマっている意外な一面を語った。

 ベースの尼川は、「お家でバーベキューをしたい」と答え、山村と阪井から結婚祝いで渡されるはずのバーベキューセットが未だにもらえていないというエピソードを披露。ドラムの小倉は、「仲間とキャンプに行きたい」と答え、インディーズ時代の貴重な話を披露した。

flumpool

 また、バンドとしての『ジブン、オープン宣言』として、「日本のみんなをライブで応援したい」と語り、 全国津々浦々、みんなの「新しいことをはじめたい」気持ちを応援する、今回限定の「ジブン、オープン応援! スペシャルライブ」を配信した。

flumpool

 ライブでは、新CMソングである「NEW DAY DREAMER」「星に願いを」「ちいさな日々」の3曲を披露。チャットで寄せられたコメントとともに、 全国の名所を巡るバーチャル演出や、新CMの世界観を表現したダイナミックな映像など、flumpoolの想いを込めた楽曲とともに、みんなの「新しいことをはじめたい」を応援した。

 山村は「僕らも今の状況に負けないように、新しい自分をどんどんオープンにしていきたい。ライブをやりながら自分たちも励まされているような気持ちになりました」と話し、番組は終了した。この模様はアーカイブ放送で確認できる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)