ダンス&ボーカルグループDa-iCEが26日、自身初のオンラインライブ“Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-”の第1弾公演をおこなった。「ABEMA」からリリースされた新機能「PayPerView」(ペイパービュー)内に、高品質CGで製作された特別なバーチャルステージ「ABEMAアリーナ」がグランドオープンし、そのこけら落としとしてDa-iCEが第1弾アーティストに抜擢された。ここでは、リアルタイムに人物とCG背景を合成して撮影ができる「バーチャル撮影システム」や、最新テクノロジーの3DCG・ARを駆使した臨場感あふれる新感覚の視聴体験ができる。新たなスタイルでのライブとなった本ツアー初回公演の模様をレポートする。【取材=平吉賢治】

Da-iCE×最新テクノロジー3DCG・AR

Da-iCE

 本ツアーは全3公演行い、通常のライブツアーでは実現が難しい「毎公演ごとに異なるセットリストで構成」という新たなチャレンジと、初のフル3DCGによるオンラインライブツアーならではの画期的な演出が盛り込まれる。新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、予定していた2月のアリーナ公演や5月からのツアーを中止せざるを得なくなった一方、オンラインライブツアーとして新たに生まれ変わったのだ。

 特筆すべき点は、ライブ全編を通してフル3DCGというところ。リアルタイムに人物とCG背景を合成しているため、映像ではバーチャル空間で踊っているメンバーも実際は撮影用のグリーンバックで踊っているのだ。リアルタイム合成のクオリティが圧倒的に高いシステムを駆使して実現させた全編フル3DCGのオンラインライブは日本で初となる。

Da-iCE

 公演が開始され、まず画面から目に飛び込んできたのは、東京・渋谷の街をモチーフにした近未来的バーチャル世界のARにDa-iCEが包まれ、ブルーの3Dキューブが宙に浮かぶという最新テクノロジーのビジュアル。白を基調とした衣装に身を包んだ5人は「NEXT PHASE」からライブを走らせ、3DのCGの仮想世界の中に溶け込むような斬新なパフォーマンスを映し出す。続く「Splash」では大迫力の5つの3D画面が登場し、Da-iCEのエネルギッシュなダンス、フォーメーション、リズミックなボーカルを彩る。

 立て続けに繋がれた3曲目「FAKESHOW」では紫と緑のライトや星を映し出し、楽曲の間奏ではメンバー5人を模した水色の巨大な“3D Da-iCE”が登場。圧巻のステージングとCG背景、ARグラフィック、勢い十分の序盤の展開に、チャットからは「神セトリ!」などのコメントで賑わいを見せていた。

 MCでは「画面の向こうのみなさん元気ですか!」とコールし、Da-iCEにとって久しぶりのライブとなったこの日の公演の感触をメンバー同士で和気あいあいと歓談。そして改めて、メンバーは一人ずつ挨拶。

 和田颯は「今日はみなさん楽しみにしていてくれましたか? 最高の時間にしましょう」、大野雄大は「今日は久しぶりのライブなので体力を使い切って、帰り楽屋まで歩けないくらいの配分で力を使い切りたい」、工藤大輝は「しっかりと自分のパフォーマンスをしていきたいと思います!」、岩岡徹は「お久しぶりです! 今日は楽しんでいってください」、花村想太は「本当にずっとずっとライブがしたかったです――自分達の持っているパワーを爆発させて、ここから2回目3回目と繋げていきたいと思っています!」と、視聴者に向けてそれぞれメッセージを寄せた。

 そして、「1」と「+」の3Dの赤いブロック状のオブジェが降り注ぐ中、「イチタスイチ」へとライブは続いた。Da-iCEは赤く染め上げられるステージ演出の中で熱唱し、「まだまだ足りないんじゃないですか!」という花村のシャウトからのギターリフ、ズシンと響くキックが印象的な「BACK TO BACK」とたたみ込む。ギターソロをバックにキレキレのアグレッシブなダンスを魅せ、後半バースのコーラス部では視聴者も「ななななな」という、オーディエンス一斉のシンガロングのような熱いコーラスのコメントでチャットが埋め尽くされた。

新曲をオンラインライブ初披露

Da-iCE

 中盤のMCではZoomで接続された多数の画面に視聴者の姿が次々と映し出された。Da-iCEがリモート越しに呼びかけ、視聴者がジェスチャーで応えるというインタラクティブも。距離的には離れていても近くに感じ、視聴者とリアルタイムでライブを楽しむひと時を見せた。

 ライブ後半2曲は新曲を披露。まずはパフォーマーの和田が作詞作曲に携わり振付も担当したという楽曲、猫の気持ちになっても聴けるというテーマの「Yawn」が披露された。アコースティックギターがグッドフィーリングを醸すアンサンブルの中、Da-iCEは笑顔を光らせながらパフォーマンス。

 そして最終曲目は「FAKE ME FAKE ME OUT」。シャンパンゴールドの煌びやかなARは豪華な世界観を拡張させ、軽快なダンスビートの中、5人はマイクスタンドパフォーマンスも交えつつ、ラストはステージごと都市の上空に浮かぶビジュアルCGの中、リアル×バーチャル融合新世代ライブの幕を閉じた。

 公演中、Da-iCEは8月16日の本オンラインライブツアー次回公演のアナウンスし、さらに初出し情報としてDa-iCEニューシングル「DREAMIN' ON」を8月16日公演でライブ初披露することを伝え、第3回公演は9月13日であることも発表した。最新テクノロジーの3DCG・ARを駆使した “Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-”初回公演であるこの日のセットリスト、演出とは異なるライブを展開するという次回公演に期待だ。

セットリスト

“Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-”
2020年7月26日@ABEMAアリーナ

01.NEXT PHASE
02.Splash
03.FAKESHOW
04.イチタスイチ
05.BACK TO BACK
06.Yawn
07.FAKE ME FAKE ME OUT

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)