藤田ニコル「魔法をかけてくれる」ディズニー音楽の魅力を語る
INTERVIEW

藤田ニコル


記者:編集部

撮影:

掲載:20年07月29日

読了時間:約7分

 雑誌「nicola」の専属モデルとしてデビューし、現在は「ViVi」専属モデルとして活躍中の藤田ニコルが、6月にディズニーミュージック・サポーター代表に就任。創刊30周年を迎えた月刊誌「ディズニーファン」の読者投票で選ばれた曲でできた究極のベストアルバム『ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト〜創刊30周年記念盤』(7月29日発売)の発売に寄せて、ディズニ―音楽の魅力を発見していきたいと意気込んでいる。モデル、タレント、アパレルブランドのプロデュースなど多忙を極めるなか、活力となっているディズニーについて藤田ニコルに話を聞いた。

ディズニー映画を観たらサントラも聴きます

藤田ニコル

――初めてディズニーの音楽や映画に触れたときのことを覚えていらっしゃいますか。

 私、保育園に通っているときに『白雪姫』の劇で白雪姫役をやったことがあるんです。7人くらい白雪姫役がいたんですよ。七人のこびと役もたくさんいて(笑)。すごいですよね。だからよく覚えています。そのときに『白雪姫』の映画も観ました。ディズニー映画はその頃から観ているので、ほぼ全作品を観たと思います。ステイホーム期間中は、家でずっとディズニー映画を観ていました。

――「ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト〜創刊30周年記念盤」の収録曲の中で、思い出深い曲はありますか。

 [映画音楽][パーク音楽][ライブエンターテイメント][あらゆる音楽(先の3つに属さないものすべて)]の4部門に投票してもらって、各部門の人気曲から20曲が収録されたんですよね。映画音楽部門に収録された7曲は、どの映画も観たことがあります。

 とくに最近、ディズニー&ピクサー映画『リメンバー・ミー』を家で観たので、「リメンバー・ミー」はよく覚えています。映画館では泣きながら観ました。2回目だから物語を知りながら観ているのに、やっぱりうるっときちゃいました。

――映画を観るときは、音楽にも注目されているのでしょうか。

 映画を観たあとは、その作品のサントラをプレイリストに入れて聴いています。お風呂に入っているときも、料理をしているときも、ずっと。まだその世界から抜けたくないっていうか、完全に余韻に浸っていたいんですよね(笑)。サントラは、みんな聴くべきだと思います! 映画のなかで、誰かが話しているときに後ろで小さく音楽が流れていることも多くて、歌以外にも素敵な曲がたくさんあるんです。それらをちゃんとした一曲の音楽として改めて聴けるのがサントラです。

 こう考えるようになったのは二十歳を過ぎてからですが、次のステージはサントラじゃないですか!? まずディズニーソングを知ってから、歌詞のない曲も含めて、その映画の音楽全部を聴くっていう楽しみ方ができるから、好きですね。

ディズニー映画やパークの音楽が、魔法をかけてくれる

藤田ニコル

――ディズニーの最新作のほかに、クラシック作品を観ることもありますか。

 昔のディズニー映画を観るのが好きで、いまいちばんハマっているかもしれません。いまは技術が発達して、映像がどんどんきれいになっているじゃないですか。そこをあえて、『白雪姫』や『ピノキオ』など、何十年も前にセル画に描かれた昔の映像を観るのが好きです。

 寝室にプロジェクターを置いてあるんですが、壁一面に映して観るといい感じで寝られます。ディズニー映画を観るときは、たいていプロジェクターを使っています。何かをしながらじゃなくて、しっかり観る態勢です(笑)。

――ニコルさんがよく行かれる東京ディズニーリゾートでも、音楽を意識されていますか。

 パークに行くと、どこにいても音楽がない場所は無いじゃないですか。もしパークに音楽がなかったら、全然印象が違うと思います。きっと、それだけ音楽にこだわっているんだと思います。なんであんなにワクワクさせられるのかなあって思いますが、いつもパークから帰ると何かを得たように感じるんですよ。エネルギーなのかな。よくディズニーに関する話題には“魔法”というワードが出てきますが、そのとおり、魔法にかけられたような感覚になります。

――パークで聴いた曲が気になって、あとでその曲が使われている映画を知ったという体験はありますか。

 結構いろいろな映画を観ているので、わりと知っているかもしれないです。有名なところでは「星に願いを」が、いちばんハッてなりますよね。『ピノキオ』の曲だったの!? って。私は先に映画を観て知っていました。『くまのプーさん』の曲も知っていますよ。映画やCDで聴くとワクワクするし、パークで遊んだ記憶が蘇ってくるので、やっぱりディズニー音楽って強い力があるんだと思います。

――ディズニーミュージック・サポーター代表として、皆さんにメッセージをお願いします。

 今回の「ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト〜創刊30周年記念盤」は、ディズニー好きの皆さんはきっと買われますよね。皆さんがよく知っているけれど、改めて感動するような曲が詰まっています。

 せっかくサポーター代表になったので、私はディズニーをあまり知らない人におすすめしたいです。ディズニーの名曲たちが、こんなにたくさんあるんだよ! って。たくさんの人に届けられるように頑張るので、みなさんも手に取ってもらえたらうれしいですね。常に新しい曲が生まれていくなかでの、2020年“今”の「ベスト・オブ・ベスト」です!

(おわり)

『ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト〜創刊30周年記念盤』ジャケ写【(C)Disney】

作品情報

タイトル:ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト ~創刊30周年記念盤
*英語タイトル:Disney FAN My Favorites: Best of the Best -30th Anniversary-
発売日/配信日:2020年7月29日
価格:2,700円+税
品番:UWCD-1080
発売日/配信日:2020年7月29日
価格:2,700円+税 品番:UWCD-1080
仕様:1CD+歌詞カード+ポスター型ライナーノーツ封入
初回限定特典:CDジャケットサイズステッカー封入、初回生産分のみ金箔ロゴジャケット

収録曲(全20曲収録)

★映画音楽部門

01.ホール・ニュー・ワールド【アラジン】<英語歌>
02.スピーチレス〜心の声【アラジン (実写版)】<英語歌>
03.リメンバー・ミー【リメンバー・ミー】<日本語歌>
04.パート・オブ・ユア・ワールド【リトル・マーメイド】<日本語歌>
05.イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに【アナと雪の女王2】 (劇中歌)<日本語歌>
06.美女と野獣 【美女と野獣】<英語歌>
07.輝く未来 【塔の上のラプンツェル】<日本語歌>

★テーマパーク音楽部門

08.コンパス・オブ・ユア・ハート(シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ“ライドスルー・ミックス”)【東京ディズニーシー(R)】<日本語歌>
09.イッツ・ベリー・ミニー!(エディット・バージョン) 【東京ディズニーランド(R)】<英語歌>
10.ファンタズミック!~オープニング【東京ディズニーシー(R)】<英語歌>
11.Brand New Day(東京ディズニーリゾート(R)35周年“Happiest Celebration!”テーマソング)【東京ディズニーリゾート(R)】<英語歌>
12.ドリーミング・アップ!(メインテーマ)【東京ディズニーランド(R)】<英語歌>

★ライブエンターテイメント部門

13.ワン・マンズ・ドリーム(東京ディズニーランド(R)ワンマンズ・ドリームII-ザ・マジック・リブズ・オン)【ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2019~ライブ】<英語歌>
14.理想の相棒―フレンド ライク ミー【ディズニーミュージカル アラジン/劇団四季】<日本語歌>
15.ゴー・ザ・ディスタンス(ヘラクレス)【ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会 2018~ライブ】<英語歌>
16.陽ざしの中へ【ミュージカル ノートルダムの鐘/劇団四季】<日本語歌>

★あらゆる音楽部門

17.アロハ・エ・コモ・マイ【リロ アンド スティッチ ザ・シリーズ】<日本語歌>
18.悪の力を呼び覚ませ【ディセンダント2】<英語歌>
19.みんなスター!【ハイスクール・ミュージカル】<英語歌>

★ボーナス・トラック

20.スピーチレス〜心の声(アラジン)(実写版)ディズニー・オン・クラシック〜まほうの夜の音楽会 2019 ~ライブ】<英語歌>

※収録曲は変更となる場合がございます

番外編プレイリスト
タイトル:ディズニーファン読者が選んだ ディズニー ベスト・オブ・ベスト ~ディズニー・レアトラックス!
配信日:2020年7月29日

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事