宇多田ヒカルが28日、デジタルシングル「Time」のミュージックビデオを公開した。

 日本テレビ系日曜ドラマ「美食探偵 明智五郎」の主題歌として好評配信中のデジタルシングル「Time」。そのミュージックビデオが完成。

 本ビデオは新型コロナウィルスによってロックダウンされたロンドンの宇多田ヒカルの自宅にて全撮影を敢行。必要最低限数のスタッフは全員事前検査を受け、安全面に十分配慮しながら撮影が行われた。ビデオの監督はMac Millerの「Good News」や「Everybody」などを手掛ける Anthony Gaddis & Eric Tilfordが担当。撮影はロンドン、制作はロサンゼルス、レーベルは日本と3つの国を股にかけたリモートワークで制作は進行。

 本ビデオのコンセプトについて監督は「Timeのミュージックビデオ制作は世界的な混乱という厳しいタイミングの中で始まりましたが、私たちはそれを出来る限りポジティブなものにしたいと話し合いました。コンセプト的には現実の世界と幻想的な世界の融合で、歌詞の深い部分に潜む意味を反映したものにしています。親密さのあるアーティストの部屋での姿、作品を作り上げる姿、また時間の流れの中にある孤独な姿。それらと逃避的とも言えるファンタジーを並置しています。この映像は、どのように音楽とクリエイティビティーがその人を全く別次元の時間や空間に連れて行くかということを描いたビジュアル表現です」とコメント。

 そして、本作品はYouTube上でプレミア公開され、チャット上では公開を待ちわびていたファンから「きたー!!待ってたよ!」や「自宅で撮影ってスゴイ」、「なんか、デビューの時を思い出したよ!」など反響を集めた。

「Time」ミュージックビデオYouTube

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)