矢沢永吉が8月6日20時に映像配信される「ROCK MUST GO ON2019 at Yokohama Arena」に向け、ミックス・ダウン作業中のスタジオから最新のコメントが届いた。同公演が横浜アリーナで開催されたことに合わせ、これまでの横浜でのライブ映像を毎日1曲、計7本をカウントダウン形式で公開する「カウントダウン×LIVE FILMS」が配信の1週間前にあたる7月30日からスタートする。

矢沢永吉

 配信される映像は、矢沢永吉の未公開を含む未発売ライブ映像3本を有料配信するプロジェクト、3 BODY'S NIGHT(サンバディーズナイト)の第2弾。2019年12月4日に行われた「ROCK MUST GO ON2019」ツアーの横浜アリーナ公演の模様。70歳を迎えた矢沢の渾身のパフォーマンスで、現時点での最新ライブ映像が初公開される。

 また、同公演が横浜アリーナで開催されたことに合わせ、これまでの横浜でのライブ映像を毎日1曲、計7本をカウントダウン形式で公開する「カウントダウン×LIVE FILMS」が配信の1週間前にあたる7月30日からスタートする。

 初日7月30日第1弾は矢沢永吉のデビュー40周年を記念して2012年9月1日に横浜・日産スタジアムにて行われたメモリアルライヴ『BLUE SKY』のオープニング曲で披露された『IT'S UP TO YOU!』を公開。

矢沢永吉

 2曲目以降に公開する楽曲・映像はSNSでの反響なども参考にしながら決定するため現時点では未定。次に公開される楽曲を予想いただきながらの、シークレット企画としての7日間。

 カウントダウン映像及び、「ROCK MUST GO ON 2019 at Yokohama Arena」の視聴チケットの詳細は「3 BODY'S NIGHT(サンバディーズナイト)」特設サイト参照。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)