桐谷健太と小島瑠璃子

 桐谷健太、小島瑠璃子が23日、都内で行われたイベント『夏だ!祭りだ!のどごしだ!新のどごし<生>オンラインまつり』に出演。リモート参加者と「日本初のオンライン総踊り(阿波おどり)」に挑戦した。

 「どごし<生>」の発売元・キリンビールが企画したオンラインまつり。浴衣姿で登場した2人はカメラに向け「一緒に楽しみましょう」と手を振って挨拶した。

 この日は、青森ねぶた祭りのリモート生パフォーマンスが届けられたほか、全国のお祭り団体からコメントVTRの紹介された。

 東京・高円寺阿波おどりのパフォーマーから手ほどきを受け、大太鼓を打った桐谷は「テンションが上がって楽しく叩けばいいかなって」、鼓に挑戦した小島「自由にやりました」と笑んだ。

 その後、「オンライン総踊り」に参加。口を揃えて「楽しい」とするも、想像以上よりも体力を使ったようで「皆さんすごいですね」。それでも「テンションが上がりました」と桐谷。楽しんだようだった。

 その後、乾杯を行い、桐谷は「初めての体験としてオンラインで皆さんと一緒に楽しめたのは良かったです。もちろん現地に行って生で楽しみたいですが、その楽しさを垣間見ました」。

 小島は「あっという間でした。こういう時代でオンライン上でしか会えない人も出来たと思います。でも手軽に全国の方と繋がれるの良いなと思いました。お祭りの楽しさを共有することが出来ました」。

 2人とも「来年のお祭りが楽しみになりました」と期待を寄せていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)