Perfumeが23日、9月から結成20年&メジャーデビュー15周年の締め括りとして、様々な企画を展開する『Perfume 15th&20th anniv with you all』始動を発表。第一弾企画として9月4日より2週間限定でPerfumeの20年間に渡る全歴史を再構築したコンセプトライブ『Reframe 2019』を劇場映画『Reframe THEATER EXPERIENCE with you』として劇場公開する。新型コロナウイルス感染症の影響で、音楽ライブや音楽フェスティバルの延期や中止が相次ぎ、それらの実施が困難な現況において、「より安全な環境下にある映画館で音楽体験を楽しんでもらいたい」という想いから、劇場版タイトルが『Reframe THEATER EXPERIENCE with you』と名付けられた。

『Perfume 15th&20th anniv with you all』

 昨年アメリカ最大の野外音楽フェスティバル「The Coachella Valley Music and Arts Festival 2019」にJ-POP女性グループとしては初めての出演を果たすなど、その唯一無二のパフォーマンスで国内外問わず多くの観客を魅了し、今もなお進化し続けているPerfume。

 昨年9月21日より、結成20年&メジャーデビュー15周年を迎える節目の年へ突入し、Anniversary Yearを記念した様々な企画を行ってきた。そして、今年9月、その締め括りとなる企画が様々に展開。その第一弾企画には、Perfumeの20年間に渡る全歴史を再構築したコンセプトライブ「Reframe 2019」が劇場版として公開されることになった。

 本作品は、Perfumeと幾多のライブを共にしてきた演出振付家・MIKIKO、真鍋大度を中心とするクリエイティブ集団・ライゾマティクスが、デジタル技術を駆使したアートな表現に挑戦。Perfumeのパフォーマンスが最大限に発揮される最も得意なスタイルのひとつで演出された作品である。

 さらに、Perfumeがこれまでに築き上げてきた歴史や様々なデータを分解、最先端テクノロジーを用いて新たな表現へと再構築するというコンセプトによって、Perfumeの「過去・現在・未来」を地続きで表現する壮大な試みを実現、Anniversary Yearの締め括りにふさわしい作品となっている。

「Reframe」とは

「Reframe」は、2017年12月21日にNHK総合で放送された番組『Perfume×TECHNOLOGY2017』と関連して、2018年3月20日、21日にNHKホールで開催された、スペシャルライブ『This is NIPPON プレミアムシアター「Perfume×TECHNOLOGY」presents "Reframe"』が始まりである。「Reframe 2019」は、昨年10月16日から8日間にわたり、装い新たに生まれ変わったLINE CUBE SHIBUYA(旧・渋谷公会堂)のこけら落としとして開催された。MIKIKOやライゾマティクスらこれまで幾度となく組んできたチームによってさらに進化した最新バージョンである。

 本公演ではMCを一切行わず進行し、MIKIKOとライゾマティクスの演出・テクノロジーを結集させたライブになっている。楽曲、音声、ダンス・パフォーマンス、写真、映像といったノーマル素材から、MVやライブ制作のためライゾマティクスと記録してきたモーション・キャプチャーや3Dスキャンといった特殊素材まで、Perfumeがこれまで蓄積してきたさまざまなデータを、最先端の演出アイデアと技術で再構築し、Perfumeの今のストーリーとして見せることができる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)